「最強のNo.2」衝動買いしたらめっちゃ面白くて一気読みした - blog.jgs.me

読了:最強のNo.2 - ku-sukeのブログ
を読んで、ほとんど名指し状態だったのでそのままKindle版を買っちゃいました。正直、僕はこのテの本は苦手であまり読まないのですが、Kindle版なら安いしいっか、と。全然関係ないですけど、謎プロモーションがついててだいたい¥300ぐらいでKindle版読めるのでパッと買って読んでみるといいとおもいます。Amazon Studentだからかな?
なんか書きながら申し訳なくなってきたけれど、それぐらいのモチベーションで読み始めたら面白い、面白い。あれよあれよという間に読み進めて気付いたら読み終わっていました。明日朝から学校なんだけどなあ。
各章がLEVEL構成になっていて、徐々にレイヤーが高くなっていくつくりになっていて読みやすかったです。また、各章も軽いブログぐらいの文章量になっているのでテンポよく読み進めていけて気付いたら読み終わっていました。LEVEL5ぐらいになるとまだ僕は想像もできないぐらいのレイヤーの話だったのですが、それ以前の部分はかなり納得できる話題が多く、また曽山さんの体験も付随していてイメージしやすかったです。特にLEVEL2の章では今からでも実践できるメソッドが示されていて、チェックリストを睨めながら考えを巡らせました。
本とは関係ない話でなんですが、我ながら社会でやっていく自信が全くないし、他の人からも「お前は会社でやっていけないでしょ」ってよく指摘されるので、割と暗澹たる気持ちでこの5年ぐらいは過ごしておりました。僕をある程度知ってるひとは「あーそうね」って言いそう。うぐぐ。
だけど、読み終わってみるとちょっと自信がついてきたというか、高まりました。自分の視野や、その高さなど省みるところはたくさんあって、この本はそれに対して一定の筋道を示していてくれていると感じました。ちょっとずつ実践していきます。
たくさん読み返す機会が多そうだし、書籍版も買っちゃおうかなあ。
そういうわけで、おすすめです。

April 25th, 2013 3:15am 読書感想文
original: http://blog.jgs.me/post/48783184275
#20130425 #0425

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく