Perfume 4th Tour in DOME LEVEL3 に行って圧倒されてきた - blog.jgs.me

(12/7に大阪の初日へ行ってきて、深夜に4時間ぐらいかけて感想を書いたものの、オフィシャルでネタバレNGとお知らせに出ていたので泣く泣く下書きに仕舞っていたのをやっと放出できました。12/27追記)
行ってきました、行ってきましたよ、エレクトロ・ワールドあたりから応援していたので7年越しぐらいに生Perfumeが実現して感無量でした。どれぐらい感無量だったかというと、Enter the Sphereで3人が登場した瞬間にもう号泣というぐらいの勢いです。
事の発端は半年ほど前に下のいもうとから「12月空いてるか!?」という謎のメールをもらったことでした。どうやら、いもうとの友人がライブのチケットが多めに当たったそうで、そのおこぼれをいただけるという話でございました。完全に棚ぼたな話をもらって即カレンダーに予定登録をしました。ちなみに、我が家のかしゆかこと上のいもうとと二人で行ってきました。
東京ドームはまた内容違うのかもしれないですが、内容にネタバレも含まれておりますので悪しからず。
10月にLEVEL3が発売されて、「ああ、これはライブ用の盤だな」というのが第一印象でした。エレクトロ、EDM盛り盛りで攻めてるなあ、大丈夫かなあ、と。でも、そんな心配は杞憂で、最寄り駅を降りると老若男女かなりファン層が広くてびっくりしました。席の近くにはおじいちゃんおばあちゃんと呼んでも差し支えないぐらいの方もいらして、身体を揺らしてくる爆音スピーカーに驚いたりしないかしら、と心配していました。開演前はいろんなレイヤーさんたちが踊りまくってて見物しているだけで楽しかったです。
会場到着後は物販に並びました。
ステッカーとTシャツと パンフレット を買いました。ステッカー貼るところなかったのでついにオンザりんごマークしてしまいました。光ると綺麗です。
先に入っていたいもうとと合流して開演待ち。実は、京セラドームはもといドーム球場に行くこと自体はじめてて(浜スタとかAT & Tパークの前に行ったことがあるぐらい)しかもアリーナ席だったので緊張しました。夏にでんぱ組の野音に行ったときは、身体の向きとか目線は基本的に固定で見れていたのが、さすがはドームといった感じで全方位的に見るところがあってすごかったです。
席について目につくのはステージの巨大な球形モチーフで、どんな動きをするのかと思ったらEnter the Sphereのプロジェクションの後に展開して中から3人が出てくるという感じでカッコよかったです。よくよく考えてみると、ドームは球形だしShpereだよなあ、と。この球形って細胞胚みたいだったりもするし、途中のSleeping Beautyでもガラスの球体をモチーフにしていたり、ライブのロゴも幾何学模様のような球体をしているし、MCで1年弱準備していたという話だったのでよく練られているなあとおもいました。
そしてSpring of LifeとMagic of Lifeでブチ上がってからのMC。PerfumeのライブってMCの時間長いし、3人が他愛もない話で盛り上がっているのを一緒に盛り上がれているような感じがしてとてもよかったです。あ〜ちゃんとてもかわいい。たまねぎ!パン粉!ひき肉!ハンバーグ!
それから、光の演出がものすごくて、レーザービームがものすごい綺麗でした。頭上にグリッドができたり、天井にプロジェクションしていたり。もちろん、ステージの球体のプロジェクションもすごかったんだけど、3人の服にプロジェクションの演出もただただ驚嘆しました。技術的なところでは、おそらく当日に撮影したであろう客の3Dモデルとラッキー席のお客さんのモデルを使った映像を使った演出もすごかったです。
アリーナの右手側の前の方にいたので、ステージと右側の花道がみやすかったのでみていました。Enter the Sphereではのっち様が登場されて、クレーンで客席の上を移動するところでは、かしゆか様が上空を通られてドキドキしました。
印象に残っているのはやっぱりParty Makerで、アルバムで聞いてたときからParty Makerはデカ箱映えするだろうなとおもっていたところに、3人が3x3の格子を移動しまくるというすごい演出も加わってそこでも泣いていました。どんなにグリグリ動いても3人の息はピッタリだし、すごい。
ジャニーズのライブ映像なんかで見かける、クルマに乗ってスタンドのあたりを移動するパートではジェニーはご機嫌ななめ、ワンルーム・ディスコ(!)、未来のミュージアムでほんわかしました。
ワンルーム・ディスコもだけど、コンピューター・シティ、エレクトロ・ワールド、ポリリズム、チョコレイト・ディスコのむかしの曲も披露されて嬉しかったです。特にチョコレイト・ディスコがとても好きで、 死ぬまでにやりたいことリスト のひとつに「チョコレイト・ディスコを生でみたい」があるぐらいなので、それが叶ってよかったです。あと、できればPuppy Loveを生でみたいです。
PTAの時間の振り付けの練習でやってる振り付けがなんなのか全然わかってなくて、最後の曲なんだろう、ってずっと考えてたらMYCOLORでびっくりしました。確かにもともといい曲だけど、ライブできくとまた格別で。終盤、旧曲もくるとなるとパーフェクトスター・パーフェクトスタイルとかPerfumeとか、それこそPuppy LoveとかSEVENTH HEAVENとかこないかな〜と心の片隅で考えてましたが、MYCOLOR。あ〜ちゃんの恒例いい話で再び崩壊した涙腺がMYCOLORに増幅されて号泣ですねもうね。
そこから一旦はけて、アンコールのコールとかあるんだろうな〜、なんせDream Land残ってるもんなあ〜、とおもってたらあっさりアンコール登場してきてびっくりしました。しかも天使だし。ドームにEnterされた3人の天使が我々下々の民にひとときの幻想をお見せになられて、最後に天使本来の姿をお現しになられてDream Landへと帰っていかれるのであった―。それにしても、このDream Landのゆったりとした下降感はなんだろう、空中都市が崩壊して降下していくような、さ。
というような具合で、はじめてのPerfumeライブ大満足でありました。おしまい。

December 27th, 2013 9:35pm
original: http://blog.jgs.me/post/71299587773
#20131227 #1227

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく