ダイビング - diary.jgs.me

伊豆へ体験ダイビングに行ってきた。先日社員旅行先の沖縄で青の洞窟のシュノーケリングがあまりに楽しかったので奥さんを誘って近所のダイビング扱ってるお店に行ったらトントンと話が進んで気付いたらボンベ背負って海にいた、みたいな感じ。
当の奥さんはボンベでの呼吸や、ドライスーツとボンベで制限された環境に最初は順応できずにアワアワしていて心配したが、インストラクターさんの上手さもあってかだんだんと上達していって潜っていけるようになった。自分はというと、制限下で上手く身体が制御できなくて困ったが慣れるとすこぶる快適になった。原理さえ分かっていれば対処は容易だとおもった。「これをすればこうなる」と分かっていればあとはゲームと一緒で、感覚をつかんでいい感じに御してやればよい。
水中は自分が呼吸を止めているとすごく静かで、生物を観察したり、水面を眺めたりした。インストラクターさんによると10m前後くらいまでいったようだが、水中の透明度もあって水面の先の太陽が遠く見えた。太古の生命たちもこんな光景を見ていたのかな、などと考えていた。
その他、海中は時々胃液が出てきそうになったのと、終盤は結構寒くて次くるときはもっと厚着でこようとおもった。
だいぶ長めに潜ったせいか、もう帰ろうかというあたりで呼吸がかなり苦しくなってきて、相当勢いつけて吸わないと空気が出なくなって、とうとう吸っても全く空気が出てこなくなったので、事前の指示通りに空気がないハンドサインをしてインストラクターさんに助けてもらって無事水面まで帰ることができた。
奥さんも随分興味を持ってもらえたようなので本格的に続けていこうとおもう。次も楽しみだー。

December 10th, 2015 11:16am
original: http://diary.jgs.me/post/134892566864
#20151210 #1210

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく