2016 - diary.jgs.me

去年も書いたつもりでいたけど、去年の今頃はアウト・オブ・インターネットで全然何も書いてなかった。今年はイロイロあったが、全体的に「終わった」一年だった感が強い。(ここは特に深く書かない)

映画
1位 ちはやふる 上の句
今年ベストどころか10年代青春映画ベストといっていい最高傑作。みてすぐ猛烈な熱量で感想を書きなぐっていた。- > http://diary.jgs.me/post/141962262769

2位 この世界の片隅に
界隈の猛烈な盛り上がりっぷりに圧されるようにしてみにいったらとんでもない大傑作だった。感想 - > http://diary.jgs.me/post/153865888144

3位 シン・ゴジラ
下馬評では散々な言われようだったが、ポストギャレス版の2016年に東宝が、そして庵野さんが「これが ゴジラ や!!」と叩きつける全く新しい怪獣映画だった。 エヴァ巨神兵オールナイト した時の感想 - > http://diary.jgs.me/post/149563290574

4位 アイアムアヒーロー
日本でこんな面白いジャンル映画であり、ゾンビ映画が作れたのか!!と大興奮だった一本。冒頭のあれよあれよという間に現実が崩壊していく展開のテンポのよさ、有村架純のヒロイン感、大泉洋がロッカーから脱出するのをシミュレーションするシーンの映画愛などなど、書き尽くせない魅力が詰まっている。

5位 日本で一番悪い奴ら
この映画が初綾野剛だった。今年は「怒り」での妻夫木聡との絡みが最高だった。王道のスカーフェイスモノで最高だったし、中村獅童の「はい、こんにちは〜」とか「アマレスだよ!!」とか名台詞が多かった。

6位 ヒメアノ~ル
アイアムからこのヒメアノ~ルあたりまでがちょうど同時期ぐらいに公開で、日本のバイオレンス映画の復権を感じさせる3本だった。この映画は、森田剛の狂気、濱田岳の童貞感、そしてムロツヨシのあの感じが笑えたし、ゾッとした。

7位 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
今年はとにかく邦画が面白すぎて洋画があんまり、というのが大勢だった中で1番好きだったのがコレ。ここ何年かずっと楽しみにしてきた BvS があんな感じだった傷心のところに、こんな大傑作をブチ込まれて DC 心が打ちのめされた。

8位 ガメラ2(4K版)
劇場で4K版の特集上映がやっていたのでみにいってきた。感想 - > http://diary.jgs.me/post/147653707429

9位 ローグ・ワン
前半の出来がイマイチ、故に全編通して話運びがイマイチっていう欠点はあれど、それを補って余りある後半の「新たなる希望」へ希望をつなぐ命がけのリレーが好きすぎた。

10位 無垢の祈り(爆音)
ちょうど同時期ぐらいに #Netflix の Get Down をみてて、同じゲットーでも「音楽」っていう希望があるのとないのでは大きな違いだなあ、とおもったりした。こういうゲットーで救いがないパターンのやつはホントしんどい。

以下手短に。
11. 怒り

12. 火星の人 (オデッセイ)
邦題がアレ。元々原作がめっちゃ好きだったところにリドリー・スコットとマット・デイモンで少し不安だったのを吹き飛ばす素晴らしい会心作だった。どんなに絶望的な状況だって、技術とユーモア(あとダンス・ミュージック)で乗り切れるのだ。

13. Sully (ハドソン川の奇跡)
これも邦題がアレシリーズ。感想: http://diary.jgs.me/post/153865888144

14. SCOOP!
二階堂ふみと福山雅治のバディ感。

15. ヘイトフルエイト

16. さらばあぶない刑事

17. Hardcore Henry

18. ノックノック
キアヌが痛めつけられるのがツラすぎて帰ってからジョン・ウィック見返した。

19. バットマン vs スーパーマン
この辺で勘弁してくれー。

20. デッドプール

21. ペット
相当久しぶりに吹替で映画館でみたが、いいバナナマン映画だった。

22. ズートピア

23. ガメラ3(4K)
2に比べると…。

24. 溺れるナイフ
菅田将暉と小松菜奈の素っぽい雰囲気。

25. 何者
冒頭であっさり片付く俺こと山田孝之。

26. インディペンデンス・デイ リサージェンス
冒頭で「 2012 」を超えるディザスターシーンを創造できたエメリッヒに敬礼!!

27. The Big Short
邦題がアレシリーズ。

28. ライチ☆光クラブ

29. 帰ってきたヒトラー

30. クリーピー

以下省略。

漫画
今年はたまたま見つけた駕籠真太郎さんがツボで特に「かすとろ式」「大葬儀」「フラクション」がよかった。アメコミだと「ハーレイ・クイン: ホット・イン・ザ・シティ」がお気に入り。

「コンテナ物語」「綿と木綿の歴史」「月をマーケティングする」「恥さらし(日本で一番悪い奴ら原作本)」などなどノンフィクションをよく読んだ一年だった。

音楽
今年よかったアルバム:
https://www.youtube.com/watch?v=zTEYUFgLveY
https://www.youtube.com/watch?v=jctJbOcoETo
https://www.youtube.com/watch?v=pxtNi3dytcY
https://www.youtube.com/watch?v=wfyxftN-Xrg

ベストMV部門:
https://www.youtube.com/watch?v=mNpPQXMgtmw

仕事
去年は泥臭い JS を書いてたのが嘘みたいに大規模モダン JS スタックで開発できるようになったが、半年は臥薪、半年は嘗胆みたいな感じでなかなかしんどかったが、やりきった。

December 31st, 2016 1:55pm
original: http://diary.jgs.me/post/155193872024
#1231 歳末振り返りシリーズ

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく