シネフィル先生 - diary.jgs.me

何度かここの記事で書いているが、一般教養の授業をいくつかとっている。その中で面白いのが「文学」だ。科目的には文学なんだけど、今のところ文学表現どうこうというよりは、シェイクスピアの作品の表現の系譜について体系的かつ実践的に学んでいる。
4月ごろはまだ肌寒かったので、ワイシャツをだったけれどここ最近はTシャツを着て教壇に立たれることが多くなった。先週はシャアザクのTシャツを着ていたので、今週はなんだろうな!?って期待していたら、どうも見覚えのあるセーラー服でショットガン構えたビジュアルのTシャツを着てるではないか!これはもしや…!とテンションアガってしばし観察していると「恐怖女子高校」のロゴがー!なんとー!スゲー!シェイクスピアの話してんのに、Tシャツが激しすぎるー!
これです。これ着て教壇に立つのパンクすぎて感動した、すごく信頼できる先生だなあとおもった。軽い気持ちで「シネフィルおじさん」と内心おもっていたけれど、ここは尊敬の念を込めて「シネフィル先生」と呼びたい。
すっかり高まって帰ってきたので、勢いで「聖獣学園」をみた。ついこの前、「裸の修道女」で修道女モノやばいな!ってなったので、期待してみたんだけどいまいちもやっとした感じでスッキリしなかったなあ。あと、僕の見方が悪いのかもしれないけど修道服だと誰が誰やら見分けがあまりつかなくて混乱することが多かった。あと副院長のとってつけたようなくだりもよくわからんかった…。盛り上がる復讐のところもなんやらいまいち盛り上がりに欠けるようにおもった。
他の作品もドンドンみていこう。

May 28th, 2013 1:20am
original: http://diary.jgs.me/post/51481312448
#20130528 #0528

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく