【ネタバレ有】Fast & Furious6おもしろかったよ - diary.jgs.me

今日はエイヤッと勢いでFast & Furious6をみにいってきた。ちなみに、この作品は6作目にも関わらず未だになんて略してやったらいいのかわからない。邦題が「 ワイルド・スピード 」なのでお手軽に ワイスピ ワイスピと略しているけど、なんか違う感が。かといってFF6だと完全にファイナルがファンタジーしてしまうのでそれもどうかとおもって。Fast○みたいな略され方を海外で見かけたことがあるような気がする。今作はFast6かな。
さてさて、Fast6は前作で巨大金庫を強奪して、スペインの別荘地みたいなところで余生のような暮らしを送っていたドムことドミニク一行に元ファミリーで亡くなったとされていたミシェル・ロドリゲスさんが実は生きていたっていう「そんなとこから話持ってくるのな!」みたいなところからスタートする。
Fastシリーズのもう一人のドマッチョとしてすっかりおなじみになったホブスさんがショウとかいう男にあんまり手こずるもんだから、かつての敵だったドマッチョ・ドムを頼ってくるんだからこれは受けないわけにいかないよね!いろんな意味で!
つーわけで、リオで金庫を強奪したときのチームが再編成。今回はホブスさんとそのお供もいるぜ!お金には困らないぜ!
そんで、再編成後の初戦はショウのあの魔改造F1カーみたいなやつ2台とマシンを制御している電子回路を乗っ取る謎デバイスに翻弄されて逃げられてしまう。ドムもミシェル・ロドリゲスさんを一瞬追い詰めるも、あっさりと撃たれてしまう。
そのあとまあなんやかんやあって、ショウ一味がスペインのNATO基地を狙っていることが判明する。ちなみに、全体を通してロンドンのシークエンスとスペインのシークエンスしかないので、「ユーロミッション」というよりは「英西ミッション」みたいな感じである。てっきりトランスポーターみたいなEUを股にかけたカーチェイスみたいなのがあるのかと期待していたら違った。それでもその期待はいい意味で裏切られて、ショウ一味が戦車に乗って登場するというハチャメチャっぷりで大いに楽しめた。戦車を止めるあたりでも「そんなんであっさりひっくり返っちゃうんだ!?」みたいなトンデモ解決やら、ドムがミシェル・ロドリゲスさんをフライングキャッチしたりともうやりたい放題である。
基地が狙われている!じゃあ、敵が狙っているチップを戦車に隠して戦車を護送しよう!みたいな流れになる軍隊どうなってんだ!アホなのか!
ついにショウを捕まえた!ミシェル・ロドリゲスさんもとりあえずうまいこと確保できた!やった!…と安堵できたのも束の間、 ポール・ウォーカー さん嫁がショウ一味の手に落ちてショウに逃げられてしまう。ショウが逃げるために手配した巨大輸送機をめぐって最後の大立ち回りだ!
輸送機内でドマッチョ二人が大暴れしたり、何の伏線もなく突然裏切ったホブスの助手とミシェル・ロドリゲスさんのキャットファイトが繰り広げられる中、外野では輸送機を離陸させまいとワイヤーを翼のタラップにぶち込んで離陸させないという凄まじい手法で阻止を試みる一行。
そしてついに作戦が成功して輸送機は墜落!ショウは突き飛ばされて爆死!やったな!死守したチップと引き換えに、一行はスペインでの余生暮らしを捨ててアメリカのホームに帰っていくのだった。
そしていよいよというか、やっとというか、時系列がX3に追いつく。TOKYO DRIFTだ!あれは駄作だった!諸事情でTOKYOにやってきていたファミリーのハンがストリートレースの途中で何者かに追突されてしまう!運転席から降りてきたのは、なんと ジェイソン・ステイサム !な、なんだってー!ついにトランスポーター VS Fastシリーズのカーアクション頂上決戦が実現してしまうのかーッ!というところで今作はおしまい。おいおい、まだ続くのかよ。全然ファイナルステージじゃないじゃん。終わる終わる詐欺じゃん。しかも、次回作と次々回作の制作がもう決定してるそうじゃねえか!なんだよ!また「今作でゴールしてくれ…」って祈りながら劇場入りしちゃったじゃねーかよ!!
それでもなんか、もうそういうのがどうでもよくなってくるっていうか、いやもうマッチョがカッチョいいクルマ乗ってるだけでこちとらブチアゲですよもう。
しかも、敵の電子武器に対抗するためという名目でダッヂ・チャージャー(リアウィングが超カッコいいやつ)とかフォード・エスコートとかマスタングとか出てくる時点でガンアガりですよこちとら、もう。
そういうわけで、すげー面白かった。ずっとゲラゲラ笑ってた。ただ、カップルだらけの劇場でクソオタクみたいなやつが独りでゲラゲラ笑ってる感じだったから結構アレだったかもしれない。まあでも楽しかったのでよしということで。
細かい話ではありますが、主人公一行が半ば無茶な感じでアメリカにカムバックしていたり、最後にファミリーでごはん食べるシーンなどなどちょいと意図を感じさせるシーンが見え隠れしていたのでそれ自体にどうこう言うことは特にないですが、はい、まあ、そうっすかあ、って感じですね。

July 9th, 2013 4:01am
original: http://diary.jgs.me/post/54932515184
#20130709 #0709

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく