でんぱ組.incの「夏のパッション〜みんながおるし、仲間やで〜」の「W.W.D」がよすぎて泣き崩れた話 - diary.jgs.me

でんぱ組.inc の東西野音ツアー「夏のパッション」の大阪編「みんながおるし、仲間やで」に行ってきた。実は、生でこういうライブにくること自体ほぼはじめてで、結構緊張した。以前「 Nikki: ワールドワイドでんぱツアー2013 」をみて、さらに予習のため昨日もう一回みた。猛者なひとたちがウェイウェイしててビビってたんだけど、割りと軽めにノってるひととか、完全に腕組み仁王立ちみたいな感じのひととかもいてちょっと安心した。猛者たちが盛り上げに一役買ってるのは分かるけど、ああいうのを見るとちょっと引いてしまう気持ちもなくはなかった。
さて、僕はすごい人たちが出てくるだけで涙があふれてくるたちなので、今回もご多分に漏れず出だしからボロ泣きであった。てっきり最初は「でんぱれーど」だとおもっていたら「キラキラチューン」だったので、びっくりしながらも生バンドのロックアレンジが新鮮でとても気持ちよかった。からの「でんぱれーど」もバンド仕様になっててブチアゲ。よくアレンジしたなこれ!続いて「Sabotage」はつい最近「Startrek」で原曲聞いてびっくりしたばっかりだったり。これはもちろんバンド版と相性よくてアガる。そして楽しみにしていた「でんでんぱっしょん」!!!これほんとにライブ映えする曲でサイコーに楽しかった。ねむきゅんさんのリボンが最後に切れたところで「くちづけキボンヌ」。僕はでんぱ組.incの楽曲ではこの「くちづけキボンヌ」がすごく好き。ハマるきっかけになったのは、SoundcloudでRemixされた「くちづけキボンヌ」をきいたことだったし、原曲もめちゃイイ。なにより、かせきさいだぁを知るきっかけになったのもこの「くちづけキボンヌ」だったりする。なのでとても思い入れのある曲を生で聞けたのはすごくよかったし、かせきさんが途中で登場したときはもっと興奮した。 YouTube にアップされてるwithかせきさいだぁ版くちづけキボンヌも散々聞いてたので「本物や!!!すげえ!!!」ってめっちゃ盛り上がった。
ここでMCパート。DVDの話をしたときに、りさちーさんばっかり話してて大丈夫なのかなあ、ということを書いたけれど今回は割りとメンバーみんなできゃっきゃと盛り上がっていて僕も嬉しくなった。その後はでんぱ組.incの原典(MCパートのトークで知った)らしい「Kiss+Kissでおわらない」。タイトルに合わぬ夏曲だから、夏の野音にぴったりだった。続いて「君も絶対に降参しないで進まなくちゃ!」。これすごいアニソンっぽい曲だとおもう、でんぱってこういう曲が多そうなイメージだけど意外と多くない。
そこからMC2、W.W.D2へのフリ。W.W.D2はiTuensで先行配信してるのは知ってたけど、まだきいてなかった。野音で初聴きにしよう、という感じで敢えて予習はしてなかった。
そして、「W.W.D」。ハマるきっかけとなったのは「くちづけキボンヌ」だったけれど、生でみにいきたい、行こう、好きだ!というぐらいのパッションになったのは間違いなくこの「W.W.D」だし、「W.W.D」は僕に無限の力を与えてくれる。歌詞中で出てくるほど、僕の学生生活は底辺ではなかったけれど、少なくともスクールカーストでは下から数えた方が早い学生生活だったし、マイナスからのスタートだった。同じように、いや自分よりもっと大変だったひとたちがああやってそれをバネにして活動しているのをみると「おれだってやってやるんだ!」という気持ちになるし、身体の芯から力がみなぎってくるのを錯覚する。しかも有言実行、世界で活躍しているのだ。どこまで本当かわからないけれど、そもそも虚を実に変えるのがアイドルだし、また実を虚に変えるのもアイドルだ。ああいうのを好まないひともまあいるだろうとおもうけれど、僕にとっては福音なんだ。そんな感じで毎朝「W.W.D」のビデオをみて奮い立たせているから、自分の目の前で「W.W.D」が披露されたときにはもうただただ筆舌に尽くしがたい感情がとめどなく溢れてきてどうしようもなかった。現実空間で福音を与えられるわけだから、それは最早宗教体験だし、奇跡体験ってこういうやつなんだろう。ひたすらに嗚咽した。顔面ズタボロあらゆるところから汁を出して「W.W.D」を突き抜けて、いよいよ「W.W.D2」。音響の影響とかもあって結構歌詞わかりにくかったけれど、「W.W.D」を昇華させて、まだまだ全然ダメなんだけどがんばってるぜ的な内容なのはわかった。そんなことを書いていたら「W.W.D2」のPVが公開された。「ピンキーはBiSがいただいた」にめっちゃわらった。曲の内容もだいたいわかった。やっぱりああいう6人だからなかなかうまくいかないところはあるんだろうし、そういうのを肯定してそれをアイドル性に取り入れてるんだからすごい。アイドルって歪で脆くて危ういものなんだってことをでんぱはうまく体現している。それでそこがよかったりするのだ。一般的にはなかなか受け入れられにくいアイドル性なのかもしれないけれど、それがすごく刺さるんだよなあ。
やっとライブの話にもどって、このあとは「ノットボッチ…夏」。W.W.Dの感覚を吹き飛ばす夏ソングで晴れやかになった。そこからアンコールをはさんで、「わっほいお祭りinc」と「強い気持ち・強い愛」。アンコールなのにさっさとはけちゃうので、もちろん周りはさらにアンコール。
2回目のアンコールではMCもあって良かった。特にみりんちゃんさんのは涙なしには聞けなかった。こっからバンドの面々が戻って「 ORANGE RIUM 」。辺り一面のオレンジリウムでとても幻想的だった。いろいろ良すぎてこれも泣けた。そして最後は「Future Driver」!!!なんと作曲の小池さんまで登場して(登場したら雨降ってきて笑った)豪華なアレンジ版「Future Driver」がサイコーによかった。
夏の終わりにすごい体験ができて幸せだった。なにより、好きなひとと一緒に見れてよかった。(動くピンキーさんがめちゃかわいくてすっかりピンキー推しになってた)

September 1st, 2013 1:58am
original: http://diary.jgs.me/post/59878678970
#20130901 #0901

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく