吉祥寺の一日 - diary.jgs.me

上京してきたしバウス行き放題だぜ!!と楽しみにしてたら閉館するとのことで、とても悲しくなった吉祥寺バウスシアター。そのため、最後の爆音映画祭「ラストバウス」が開催されていて、スケジュールを確認したらどえらいアガるラインナップだったので前売り券をがっつり買った。今日は(僕が行くのが)初日で、ティム・バートン版の「 バットマン 」「バットマン リターンズ」をみてきた。
僕にとっての「バットマン」はアニメシリーズをみていたのと、そのあとジャスティス・リーグのアニメシリーズをみて、そしてクリストファー・ノーラン三部作へ至るという感じ。「ダークナイト」でヒース・レジャーが「ジャック・ニコルソンをも凌ぐ怪演」というような評され方をしていて、僕はティム・バートン版を未見だったので逆にそっちが気になるようになった。それから数年、バウスの爆音でみることができて本当によかった。ジャック・ニコルソンのジョーカーは怪演といえば怪演なんだけど、めちゃくちゃカッコよくて、バットマンが妙にダサいのも相まってうっかりジョーカーの方を応援したくなるぐらいだった。あまり比較するのもなんだけれどノーラン版ではジョーカーは突然変異的に出現するが、バートン版では若かりしジョーカーによってバットマンが生み出され、そしてバットマンによってジョーカーが生み出されるという円環構造みたいなものがあって面白かった。改めてジョーカーが好きになった作品だった。そういえば、デントが黒人キャストでびっくりした。
続いて「バットマン リターンズ」はペンギンとキャットウーマンの話。キャットウーマンに関しては、ヨシキさんの評論で読んでいたのでなるほどね〜みたいな感じでみていたものの、ストーリーが結構大味でちょっとシラけてしまったのとバットマンが相変わらずダサいし、ペンギンもこんなキャラクターだっけなあ?という感じでいまいちのれなかった。ストーリーでいうと、冒頭のペンギンが人気者に駆け上がっていくくだりがあまりにもバカバカしすぎて「いや、それはさすがに気付くやろ…」って感じだったし、バットモービルってそんなにセキュリティ甘々なのかよ〜とか、なんであんなゴロツキみたいなのがハイテクに精通しているんだ…とか、セリーヌがキャットウーマンの衣装を着た瞬間急に強くなったけど!?とか…。終盤でマスクを脱ぐときは、ゴムみたいな感じでちぎるもんだから思わず笑ってしまった。
とはいえ、二作とも面白かった。
朝食を食べてからほとんどなにも食べてなかったので吉祥寺の二郎系でがっつりと。
そのあとは腹ごなしに運動。トリプルジャーニーがついに青コンついた。
それからついにエンジョイレベルが金色になってしまった。
明日はブルース・ブラザーズをみにいってきます。

May 10th, 2014 9:15pm
original: http://diary.jgs.me/post/85307785659
#20140510 #0510

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく