西の同期と夏の陣をしてきた - diary.jgs.me

西の同期たちとは、昨年の5月ぐらいからの付き合いで、まあまあ数の多い他の 同期 たちよりも長い。去年はまずは土壌を作ろうというか、小規模でもつながりの強い集団を作ろうと考えて rails寺子屋インスパイアな node寺子屋をやったり、研修でそれぞれチームに分かれたけれど西でひとつのチームだと打ち出して切磋琢磨して結果も出せた。
最後にその面々で飲んだのは入社直前の西でお世話になった人事の方へのサプライズ飲み会だった。それから数ヶ月経って、夏だったし飲み会を計画して飲みに行った。やたら飲み食いする奴が多いので新卒にはちと厳しいお会計になったのだけれど、顔ぶれの安心感がハンパなくて去年からいろいろ手を回してきた甲斐があったなとおもったし、いい連中を採用してるなあと改めておもったりした。
あと座ってた卓が嫁候補がいる人卓みたいな感じでなんかオッサンみたいな話してた気がする。楽しかったけど。それから「美少女に生まれてない時点で我々はハンディキャップを背負っている」みたいな話とかも面白かった。
それぞれがそれぞれのフィールドでがんばっているみたいだったし、成果の話が自然に出たりするように普段からがんばってゆきたい。

August 11th, 2014 10:58am
original: http://diary.jgs.me/post/94392066349
#20140811 #0811

ハンディキャップを背負っている、はちょっと言い過ぎである #20190213
> なんかね、その人それぞれに、やっぱ地獄があると思うんですよ。私には私の地獄があるし、あなたにはあなたの人生の地獄があるのだから - 宇垣美里 #20190213

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく