未踏カンファレンスへ行ってきました - e-jigsaw.blogspot.com

(ここに画像があった)
タコネコちゃんそこかしこにいた

いろいろラッキーが重なって未踏カンファレンス( http://mitou.peatix.com/ )に参加できました。
未踏は、すごいハードル高そうで自分には難しそうだけど、でも採択されたいな〜!ぐらいの印象でカンファレンスに臨みました。
終わってみると、未踏関連の話だけでなく、一介のエンジニアとしてすごく濃厚濃密で楽しい(←大事)時間を過ごすことができました。
特に印象に残っているのは、パネルディスカッションです。
テーマが「未踏で発掘された後の生き方」だったのですが、エンジニアとしての生き方をある程度提示していたように感じました。
自分が何をしたいのか、それによって採る手段が変わってくるという話や、未踏ブランドのどこにバリューがあるのか、といった話などがありました。
twitterでハッシュタグを眺めつつ聞いていて、twitter上でも素敵な意見が出ていたのでプロジェクタでハッシュタグストリームを流して適宜拾っていくスタイルだったらもっと楽しかったように思います。
他には、基調講演の「Act Beyond Borders --- 越境し、行動する」がものすごいボリュームでした。Ust見たほうがいいよ、これは!とおもいます。ものすごかった。
LTも内容、質、共にものすごく高くてスゲーな〜と思っていました。ネコのウンコなうだとか、計らなくていいスプーンとか、遠距離恋愛支援システムとか。
あとは、登壇してる人自体が面白いLTもありました。
懇親会では、なかなかにアウェーな空気をヒシヒシと感じながらも、いろんな人とお話できて楽しかったですー!
飛び入りセッションみたいなのがあって、その時にRFID入りステッカー印刷マシーンを持ってきてる人がいてめちゃ盛り上がった。

(ここに画像があった)
もうちょっとマシなnameにしておけばよかった...

全体を通して、直接的に得るものという意味では少なかったけれど、自分の10年20年後といった長いスパンでのビジョンにかかっている靄が晴れたような気分でいるので、4月から新しい環境になるし、活力がつきました。
なによりも、「作りたいものがあるなら今作れ」をモットーにやっていきたいなー。

original: https://e-jigsaw.blogspot.com/2012/03/blog-post_14.html
#20120314 #0314

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく