まぶしさの中に君がいて - e-jigsaw.blogspot.com

ももいろクローバーの4.10中野サンプラザで行われたライブの模様をCSテレ朝でみた。
地方ひきこもりファンなので歯がゆい気持ちで4.10を迎えて、twitterでぼんやりと、ブログを読んだりしてぼやーっと「ああ、ほんとに5人になっちゃったんだなあ」と思ってたゼェーット。
そして、やっとその模様が見れるということで一日ソワソワしていた。
さすがに今回は涙も覚悟していたら、なんとゴールデンウィークということで親戚が家にきていて親戚や家族とみる感じになってしまった。
いよいよはじまって、舞台裏のももクロちゃんたちの様子を楽しんだり、会場の規模に驚いたりしながらいつも通りの全力パフォーマンスにエキサイトしてるうちにあかりがバイバイしてた。
家族やら親戚のいる中で号泣しててちょっと。
内容に関しては、ソロが半分ぐらいしかなかったり、構成が割と無茶(1部前裏→2部前裏→2部→1部ハイライト→2部→FINALセレモニー)してる感じなのはみてる時に思ってた。
極力みないようにしようと思ってたtwitterのももクロタグをみてると、メッセージ伝え合うところでも結構無茶のあるカットをしていたらしく、それもあって完全版のDVD/BDが待たれるなあ、と思っています。
1部/2部/舞台ウラみたいな3枚組だとイイネ!
若干物足りない感はあるけれど、ひとまずは、やっと、自分の中である程度の区切りがついたかな、と。
それにしてもまあ、こんなにポジティブに、未来へ向かった脱退劇はそうそうないんじゃないかしら。
放心状態の時に妹と話していたら、今日某ジャ(自粛)の誰かが脱退された(告知があっただけだとか)らしく、「ここまでしてもらえるなんてスゴすぎ」って妹が言ってた。
ツヨクツヨクからのあの空へ向かっては、青のサイリウムの海もあいまって、あかりと、5人のももクロの未来へ向かっていく感じがすごくよかった。
この2曲ってこの日のために作ってたんじゃないのってぐらいドンピシャ。
勇気をもらいました。
自分もがんばろう。
まっすぐ未来へススメ!

original: https://e-jigsaw.blogspot.com/2011/05/blog-post.html
#20110501 #0501

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく