沼津カンファレンス超楽しかったよ!!! - e-jigsaw.blogspot.com

高専カンファレンスin沼津へ行ってきました。
福井から直行だと(鈍行で)始発で向かっても着くのが15時なので滋賀に前乗りして向かいました。お世話になりました。途中からはねおち号に乗せていただきました。帰りもお世話になりました。ありがとうございました!!
あと、沼津の歓迎っぷりにはめっちゃビビりました。 (ブロックジグソウ腕章とか、etc...) お前ら愛してるぞ!!ほんとうにありがとう!!!!!!

全体的な感想とか
今回も各セッションやLTはクオリティが高くて、終始感銘を受けていたりネタに吹き出したりしていました。特に、「エンジニアの幸せはどこにあるか」はスライドもハイクオリティで話の内容も非常に身に染みる話でした。インプット!アウトプット!
あと、@Gobu52さんの「プロダクト指向就職論」は同じライブ系として尊敬して見れました。それから、@shukukeiさんは別格でした。技術で人を驚かすことができるのってほんとにスゴいと思います。ブラウザIDE(ぶら☆こん)は作ろうと思ってたのに先越された!!あとは、@junesa_toさんのクロスカップリングはめちゃめちゃ笑いました。面白かったです。
書ききれないですが、他のセッションもめちゃめちゃ楽しかったです!!
さてさて、今回も発表してきました。
発表のUstはこちら( http://www.ustream.tv/recorded/11499116 )に。音声クリアすぎでビビりました。この機材私物とかマジスゲー!!

自分の発表について
よくわたしは「なんであんな内容もへったくれもないような発表すんの」と言われるんですが、その度に「へへー」なんてはぐらかしてきたんですがちょっとだけマジに書こうと思います。
理由はいくつかあるのでいくつか書きます。
壇上の敷居
わたしと高専カンファレンスとの出会いは2009年2月の004fukuiです。あの頃は高専カンファレンスって年に何回かしかなくて、壇上のクオリティも高くて言うなれば雲の上のような存在でした。(とか言いながらちゃっかり発表してたりするんですけどね)
時は流れて、2010年はほぼマンスリーでいろんなところで高専カンファレンスが開催されるようになりました。現役生が企画運営をしていたりして壇上への敷居がグッと下がったように思います。これがひとつめ。
ライブでありエンタテイメント
プレゼンテーションに関しては他の4年生よりは場数を踏んでいると自負していて、これまでいろんな発表をしてきました。ツールや発表形式も含めて。pptに始まり、keynote、Preziなどのツールを使ったり、歌って発表したりしてきました。また、いろんな人のセッションを見る度に深めていったのは「プレゼンテーションはライブでありエンタテイメントである」ということ。楽しくないものは楽しくないんですよね。特に、この高専カンファレンスではそれが顕著だと思っています。
高専愛してる
今年は発表した通り、高専祭を巡ったり、夏場に北海道から沖縄まで全国の高専を回ったり高専生と遊んだりしました。全てを通して自分の高専や高専生が大好きってことを再認識させられました。高専ってこんなスゲーんだよ、高専生ってこんなおもしれーんだよ!って。
それを少しでも外にアピールできたらいいな、と。高専という全国にキャンパスのある巨大な共同体が好きで好きでたまらないんです。
というような理由があって、精力的に(金欠と戦いながら)わざわざ駆けつけてしっかりリソースを作って発表しています。高専カンファレンスって誰でも発表できるし、許容性がすごく高いってことをカラダを張ってアピールしたいな、と。なんでこんなことしてるかというと
お前の話が聞きたいんだよ!!!
という一点に尽きます。よく、「情報系は発表できるネタがいっぱいあっていいよねー」というような話を聞くのですが何言ってんだよと思う自分がいます(でも他学科のことちゃんと知らないからこの辺は怒られるかも...)。せっかく高専ってたくさん学科があるんだから、それぞれで違った楽しいことをしてるはず。それを聞かせて、教えてほしいんです。高専ってそんなこともしてるのか、スゲーってなりたいんです。寮の小ネタとかでもいい。お前の高専の話が聞きたいんだよ!高専カンファレンスでな!!
だから、「じぐそうのアレでもいいならわたしも発表できるよね」と言わせたらわたしの勝ちなんです。実際、今回何回か聞けたのでその度にニヤリとこっそりしていました。
そういう大前提があって、なおかつ自分が楽しい発表を目指して今日に至ります。
正直、高専カンファレンスの方針とはまた違うのかもしれませんが、わたしの高専カンファレンスはそういうものだと考えています。
高専フーーーーーーーーーーー!!!!!!!

その後の話
その晩はQ長さんのお宅に泊めていただきました!ほんとうにありがとうございました!
そして、遠足楽しかったです!寿司うめぇなやっぱり!!

次回予告など
【じぐごぶのまとめ】お互いライブ系で共感。じぐそう:おえかきいっぱいで時間あまる。Gobu:文字ばっか時間足りない。 ひょっとして、足して割ったら良い感じ? それじゃ、プレゼンを系統化してまとめてみよう。 サレジオ参戦予定 チーム名「だくおん!(仮」 #kosenconf (via http://twitter.com/Gobu52/status/16510160713289728 )

というわけでサレジオ襲撃すると思います。上記の「ライブでありエンタテイメント」にフォーカスした話になるかと思います。
また、in三重やin富山などいろんなところで開催の芽が芽生えているようです。楽しみすぎる!!!

original: https://e-jigsaw.blogspot.com/2010/12/kosenconf-021numazu.html
#20101223 #1223

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく