カナザワ映画祭へ行ってきました! - 一日目 - e-jigsaw.blogspot.com

石川は金沢、21世紀美術館内のシアター21でシルバーウィーク中開催されているカナザワ映画祭へ行ってきました。
カナザワ映画祭2009 新世界秩序サバイバルガイド|かなざわ映画の会
かなざわ映画の会主催で開催されているイベントで、今年で3年目になるのかな。今年は「新世界秩序サバイバルガイド」として多種多様な映画が連日上映されます。そして、この映画祭の一番の目玉といえば「爆音上映」です!
ライブ並みの音響で映画を観よう、っていう企画です。今日、その爆音を体験してきたので軽くレポートします。
2001年宇宙の旅
さぁ!一発目!爆音で観たい映画No.1かもしれない「2001年宇宙の旅」を一発目に観てきました。この映画は2度ほど観ているのですが、2回とも途中うとうとしていたので今回こそはッ...と意気込んで行ったのですが...
やっぱり眠い!
正直「ツァラトゥストラはかく語りき」と「美しき青きドナウ」だけでおなかいっぱいだった。。。
父に聞いて、ある程度ストーリーは知っていたのですがやっぱり難解ですよね。モノリスの謎の話とHAL9000の反乱はぜんぜん別の話だけど、ぜんぶぶっこんであるからはじめて観た人は「え、あの板は?」ってなると思う。それからいろいろ冗長じゃないかな。2時間半くらいあるし、宇宙のシーンとかテンポが...うーん。その後にはじめて観たらしいおばちゃんが同様のことを言ってました。
とりあえず、「最初の猿のシーンの猿が特殊メイクだ」ってのが一番の驚きです。この映画は。途中もあんまり眠いんで、宇宙のシーンとかをどうやって撮影したんだろうなぁ、って考えてました。
あと、結構傷ついたフィルムで上映していたらしく途中でフィルムトラブルが発生。しばらく上映が中止されるハプニングがありました。
そして、爆音上映です。これ、シアターのスクリーンの下に巨大なスピーカーがいくつも設置してあって身体が振動します。文字通り身体が振動するくらいの音で観る映画はやっぱり面白いです。
メトロポリス伴奏付き上映
そして!二発目!これは、1927年の無声映画「メトロポリス」をピアノ、セロ、アコーディオンのトリオ演奏を中心に伴奏付きで観る...っていう企画です。
メトロポリスを知ってはいましたが、観たことはありませんでした。なので、楽しみに行ったんですが...
2001年とはまた違った難解さで、途中ちょっと眠気が。昔の映画なので、やっぱり分かりにくいところも多々あって(しかも音声ないし)ちょっと難しかったかな。でも、ラストあたりは引き込まれるものがありました。伴奏も映画にマッチしてて、ただ無声映画を観るよりは遥かに楽しむことが出来ました。
さーて、明日は「フィッツカラルド」「地獄の黙示録」「宇宙戦争」の三本立てです。楽しみだなぁ
original: https://e-jigsaw.blogspot.com/2009/09/blog-post_20.html
#0920

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく