エクソシストから何も変わっていない - ミラーズ - e-jigsaw.blogspot.com

ミラーズ (完全版) [DVD]
出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日: 2009/07/03
メディア: DVD
クリック : 27回
この商品を含むブログ (38件) を見る

「ミラーズ」という映画を見ました。
同僚を誤射して殺害してしまった停職中の警察官ベンが、社会復帰の一歩に選んだのは数十年前に放火されたデパートの警備。そのデパートで消えない手のひらの跡のある鏡を見つけ、次第に鏡の怪異に引き込まれて行く、っていうストーリー。
最初に良かった部分を書いておきます。なんか、風呂入りながらどうやって感想を書こうか考えてるうちにだんだん「あれ?あれ?」って思う部分が出てきたので。
何より良かったのはメインの舞台になるデパートのデザイン。設定がどうやらNYの大型スーパーマーケットの先駆け店のような感じで、エンパイアステートビルのような往年のアールデコ調が焼け落ちた跡がよく再現されていました。鏡が多く、一見不気味ともいえるアールデコはこの映画にはぴったりだったのかもです。
アールデコに関しては以下が詳しいです。写真もすごくいいですよ
http://www.geocities.jp/qaqa3131/artdeco.htm
さて、主演は24のジャック・バウアーでおなじみキーファー・サザーランドでした。ジャックのイメージが強烈なだけに、今作ではどう演じてるのかな、と期待半分不安半分で観ました。
・・・まぁ、案の定ですが元警官とだけあってキャラはジャックそのまま、といった感じでした。ただ、24であったら絶対言わないようなこともガンガン言ってるのでそういう意味ではちょっと面白かった。 *1
あと、オープニングが奇麗で良かった。このオープニングを観ながらシンメトリーを思わせました。鏡ってよく考えたらシンメトリーの象徴ともいえるオブジェだな、と。その対称性が失われたらそれは怖いかもしれない、と深く考えたのが間違いでした。
ちょいちょいネタバレ入ってると思うので、まだ観てない人は注意です。
まず、冒頭のシーンですがベンの前任者が鏡越しに殺害される衝撃的なシーンから始まりますが最後まで観ても理由がさっぱり分からない。掴みとしてはいいのかもしれないけど、うーん。事の発端はぶっちゃけ言うと少女なんだけど、少女がなぜそうなったのか全く説明がないまま悪魔 *2 が鏡に入ったので主人公のベンが理不尽に襲われる。それがいいのか悪いのか。それもあって、前任者が殺されるのが解せないんだし。あと、鏡の中の敵の設定がいまいちよくわからなかった。片っ端から自殺させていけばいいのに *3 、ラストではなぜか回りくどく殺していこうとするのもなぁ。途中結構エグい表現だったりしてたから、いろいろ解せない部分が多い。あれだ、脚本が甘い、っていうのかな。詰めがイマイチだったように思いました。
そういう意味でエクソシストからさして変わってないな、と。宗教的に悪魔が絶対的な悪っていうイメージとしてもってこいなのはまぁ分かるんですが、そればっかりじゃなぁ・・・って思わないんでしょうか。向こうの人は。それと対決して家族を守る、っていうハリウッド十八番展開。
うまくまとまっているといえばまとまっているので、、、それなりに面白いです。
ただ、ラストは意外で良かったです。お、そうきたか!と。この主人公の役、ニコラス・ケイジでも十分ハマり役だと思うんだけど、ニコラス・ケイジだったらラストは家族を抱きしめてエンドロールに入って「あーあ!またかよ!」ってなるに違いない。
*1 :ジャックが「鏡の中の見えないモノがおれは見えるんだ!」って言ってるところを想像してみて
*2 :という設定になっていた
*3 :クライマックスまでに2人も自殺させてる
original: https://e-jigsaw.blogspot.com/2009/07/blog-post.html
#0728

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく