第3回Rails寺子屋に参加してきた - dev.jgs.me

Rails寺子屋 http://rails.terakoya.io/

Railsはメジャーバージョンが上がる度に「そろそろ本格的に体得しておこう...」と意気込んではじめるものの、railstutorialをやってふむう?となって以降あまり触らないという不遜な付き合いを続けてきたのだけれど、たまたま都合がついたのでエイヤッと参加してきた。

Rails Girlsのやつ
一橋大学の講義のつまみ食い
プルリ道場
師範にボコられる


の四択だったので、五十嵐師範の講義を受けてきた。内容もわかりやすく、適宜質問ができたので、独りでシコシコやってるよりは有意義な時間が過ごせた。全体を通して、RailsというよりはRubyが抽象化や隠蔽が上手い言語なんだなあとおもった。例えば、

_
def book_params
  hogehoge...
end


_
book_params()

でも

_
book_params

でも呼べるんだよォ...ってキマった顔で言っててヤベエとおもった。あと、

_
ary.first

とか

_
ary.last

とか、読みやすくていいな〜と話していたら「そう、RailsではRubyが使えるのデース」とキマった顔をしていてまたヤベエとおもった。そのあとは、超激しいぶつかり稽古や大喜利があった。ぶつかり稽古は「oh...激しい...」と呆然とするばかりだったし、大喜利の方はそもそもRubyの基礎体力がなさすぎてこれまた「oh...」という感じだった。

結局のところ、Rubyの基礎体力がないのでまずはそちらをやらなきゃなあ〜というのが大きな収穫だった。Railsの方は、大まかな考え方とかはRailsフォロワーなフレームワークから逆に知った感があるので、Railsのスゴいところとか細かいところをおいおい学んでいけたらなーと。

次回開催は5月ごろらしいので、周りのひとを誘って参加したいなーとおもう。あと自分はそれまでにもっとルビーの造詣を深めるぞー。

original: http://dev.jgs.me/2014/01/18/went-rails-terakoya-3
#20140118 #0118

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく