bottlejsでDIを試す - dev.jgs.me

https://github.com/young-steveo/bottlejs

tl;dr
bottlejs を使うと最小構成ぐらいの DI ができる
依存しているモジュールやライブラリをきれいにまとめて扱えるようになるので便利
記述量が増えたり、呼び出し元で呼び出すモジュールの依存関係を把握してないといけなくなったりするデメリットもある

BottleJS について
BottleJS は Javascript/ Node.js の DI の micro container だ。

(js)
var Barley = function() {};
var Hops = function() {};
var Water = function() {};
var Beer = function(barley, hops, water) { /* A beer service, :yum: */ };

これで

(js)
var bottle = new Bottle();
bottle.service('Barley', Barley);
bottle.service('Hops', Hops);
bottle.service('Water', Water);
bottle.service('Beer', Beer, 'Barley', 'Hops', 'Water');

こういうことができるようになるらしい。サンプルコードがモジュールの名前ともマッチしていてすげーよかったので試してみることにした。

試してみると、Node.js で抱えるいくつかの問題を解決できることに気付いたので試しにこれに乗っかってコードを書いてみている。

いいところ
テストでモックを作るのが楽になる
例えば、 request とかを使って外部と通信するようなモジュールをテストする場合、 sinon とかで fakeserver を作ったりして試すことになるとおもうんだけど、そもそも request 自体を差し替え可能にしておくことでこれをしなくてよくなる。

(coffee)
module.exports = class Some
  constructor: (@request)->

  get: (url)->
    @request url, (err, res, body)-> # ...

というような lib/some.coffee を用意して

(coffee)
bottle = new Bottle()
bottle.service 'request', -> require 'request'
bottle.service 'Some', require('./lib/some'), 'request'

bottle.container.Some.get url

とすることで request を注入することができる。テストでは

(coffee)
describe 'Some', ->
  it 'blah blah', ->
    bottle = new Bottle()
    bottle.service 'request', -> (str, callback)-> callback null, null, 'fake response'
    bottle.service 'Some', require('./lib/some'), 'request'
    bottle.container.Some.get # ...

みたいな感じでテストを書けるようになる。 request がエラったときを試したいときは

(coffee)
bottle.service 'request', -> (str, callback)-> callback new Error('blah')

というようにしてやれば強制的にエラーを発生させて挙動を確認することができる。

[*** require が相対パスで解決されるのが困る問題をちょっと緩和できる]
node.js の require はモジュール名でない場合相対パスで解決されるので「あれ?あのモジュールってこのファイルからだとどうなるんだっけ...」みたいなのが発生する。これが bottlejs だと依存モジュールをその場で呼び出すことになるのでちょっと緩和できる(とおもう)。

_
|--- index.coffee
|--- client
     |--- model
          |--- some.coffee
     |--- controller
          |--- some.coffee
|--- util
     |--- some.coffee

というような構成だったときに

(coffee)
module.exports = class SomeController
  constructor: ->
    @model = require '../model/some'
    @someutil  = require '../../util/some'

みたいな感じだったやつが、 SomeController 側では

(coffee)
module.exports = class SomeController
  constructor: (@model, @someutil)->

でよくなって、これを使うコード中で

(coffee)
bottle = new Bottle()
bottle.service 'SomeUtil', require './util/some'
bottle.service 'SomeModel', require './client/model/some'
bottle.service 'SomeController', require './client/controller/some', 'SomeModel', 'SomeUtil'

としてやればよくなる。

CoffeeScript の class 構文と相性がよさそう
上にも書いてきた通り、 constructor に依存の解決系を書いて各メソッドでそれらを使ったコードを書くみたいな感じで書けるのでスッキリしていい。

よくないところ
記述することは増える
bottle =... みたいな依存管理系のコードが増えるので記述量自体は増えるとおもう。

いちいちモジュールの依存まわりを呼び出し元が知ってないといけなくなる
モジュールで require していれば、呼び出し元がそのモジュールがどんなモジュールに依存してるかを知らなくても呼び出すことができるが、上のようなコードスタイルにすると呼び出す前に依存を解決しないといけなくなるので呼び出すモジュールがなにに依存してるか確認してそれを注入してやらないといけなくなる手間が発生する。

もうしばらく使ってみたいとおもいます。

original: http://dev.jgs.me/2014/10/08/dependency-injection-in-node-js
#20141008 #1008

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく