emo-react をリファクタした - dev.jgs.me

https://github.com/e-jigsaw/emo-react/pull/4

しばらく触らぬ間に React がアップデートしてたり、Redux が flux のデファクトっぽくなってたりしたので学習も兼ねてアップグレードした。細々気付いたこととか。

React 0.14 所感

0.13 から細々変わっていて、react に元々いたメソッドが react-dom に移ったりしていて

render は単純に移った
@refs.something.getDOMNode!... としていたところが findDOMNode @refs.something のような感じになっていた


あたりで躓いたが、react は懇切丁寧にエラーを投げてくれるので対処も容易であった。ちなみに、このリポジトリ自体は 0.12 の頃に作っていたので React.Component などもない前提で作っていたが、 0.13 を他で触っていたので特にこのあたりは困らなかった。

Redux 所感

群雄割拠していた flux ライブラリも雰囲気 redux に落ち着いてきてるような感覚でいるのだけれど、どうなんだろう。redux は root の要素の state を store として、それに対してアクションを発行して更新していく〜というような概要ぐらいしか知らなかったのだが実際にアプリケーションを組んでいくと、各所に散らばっていた state <-> prop のごちゃごちゃを action と reducer に統合してアプリケーションの状態というものをこれによって表現できるというあたりが良さなんだと感じた。

最初は分からなかったが、reducers の key が root の要素の prop になるので、root の、ひいては root 下のコンポーネントで必要な情報とは何かというのを整理していけば自然と reducers が出来上がっていく。あとはこのオブジェクトを redux の combine-reducers に食わしてやれば OK。

reducers を作っていくのと平行して、reducers を更新する行動を整理していくのが actions を作っていくことのように感じた。reducers と actions は共にただの関数だったり、オブジェクトだったりするのでそこを意識して素直に書けばよかった。

ハマったのは、reducer A が更新されたら reducer B も更新されてほしい、というようなとき。最初は単一の reducer にして state のプロパティを更新するだけ、というような方式にしていたのだが、これだとどうしても Object.assign が必要で、Polyfill をいれるにもダルいし、あんまり綺麗じゃないなーとおもって四苦八苦した。最終的に分かったのは、 redux-thunk という middleware を使うと action で (dispatch, get-state) を引数にとる関数を定義することができるので、 get-state から必要になる情報を引き出して適切なアクションを dispatch してやればいい、ということだった。

また、非同期処理を含む action に関しても同様で上記のような関数を定義して非同期処理の Promise でも callback でも適当なところでアクションを dispatch すればいいようだった。

ただ、微妙な解決になってしまったのがこの redux-thunkapply-middleware するときで、ES2015 だと applyMiddleware(middleware)(reducers) というようなインターフェイスで ls からは少し書きづらかった。(別にそこを求めたいわけではないが...)

最終的に

(livescript)
apply-middleware thunk-middleware |> (.call @, create-store) |> (.call @, reducers)

みたいな、pipe と assign short-hand を使って call することにした。。。冷静に考えると普通に括弧使って書いた方が簡潔な気がする。。。あと connect も 関数をとって関数を返すような実装になっているので

(livescript)
  connect do
    (state)-> state
  <| App

のような感じで書かないとダメだった。

Node.js v5.0.0

npm@3 使ってみたさ故に v5.0.0 で開発してみたが、特に困ることはなかった。ウワサ通り node_modules は猛烈に flat になったし、インストールや run-script の実行なんかでもプログレスバーがアニメーションするようになったりして気持ちよかった。Docker Hub にもリリースされているので、Wercker でこれを使ってビルドしたがこちらも遜色なく。

その他

使っている PureCSS をアップデートしたり、gulp から npm-run-all に切り替えたり、aja を isomorphic-fetch に換えたりした。

original: http://dev.jgs.me/2015/11/06/refactoring-emo-react
#20151106 #1106

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく