Slack から Google Home を喋らせる - dev.to/jgs

3月のはじめごろに Google Home Mini を買った。スマートスピーカーがブームになってきた頃は、みんなそんなに喋るスピーカーがほしいんだろうか?と懐疑的だったが、お試しで1台買った。我が家では、喋るラジオみたいな役職に就いて便利だったので1台買い増して居間と寝室の2台構成となった。
ところで、とても無益な話になってしまうのだが、私の妻は大変なものぐさで Slack で連絡をして通知音が鳴っても「なんか言ってるんだろうなー」とおもうだけで中身を確認してくれない習性がある。当人もその自覚があり、「Google Home 買ったんだしなんか伝えたい時は Google Home が喋れば聞いてやらんこともない(意訳)」というオーダーが入ったので日曜大工をがんばることになった。
いろいろ調べたが Google Homeの喋らせ方 に書かれているように Google Home と同じネットワークの中に何らかの司令塔がないと喋れないようだった。
そこで、随分長らく買いそびれていた Raspberry Pi を買った。これもざざっと調べてスイッチサイエンスさんのスターターキット( https://www.switch-science.com/catalog/3559/ )を買った。ちゃちゃっと組み立てて刺すだけで Linux が立ち上がって少し感動した。ただ、我が家は HDMI のディスプレイを置いている位置には使える LAN ケーブルがなくて、運用の際には別の位置に置いて有線で使いたかったので、最初のセットアップを無線でやって ssh でログインできるところまでやって、勢いで有線で切り替える少々トリッキーなセットアップをした。祈りながら ssh がつながった時も少し感動した。
ささっと Node.js をインストールして、前掲の記事で紹介されていた https://github.com/noelportugal/google-home-notifier で様子を探ってみる。試しに喋らせてみると
_

というような WARN が出るが、調べると https://github.com/thkl/homebridge-homematic/issues/41 なんか大変らしい。
それはそれとして、

_
google-home-notifier

が日本語を話してくれない問題があってコード読んだらそんなに大したことをしてなかったので、自分で再実装することにした。
original: https://dev.to/jgs/slack--google-home---4nh5-temp-slug-998193
#Invalid date
#slack
#googlehome
#node
#firebase

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく