日本の場合インターネット普及とオウム事件が同時だったために、アメリカにおいてWindows95登場から911までの6年間に醸成されたカリフォルニアンイデオロギー的な自由主義のマインドが全く育たなかった

浅生楽さんはTwitterを使っています: 「外山恒一も書いていたんだが、日本の場合インターネット普及とオウム事件が同時だったために、アメリカにおいてWindows95登場から911までの6年間に醸成されたカリフォルニアンイデオロギー的な自由主義のマインドが全く育たなかったことの影響がじわじわと効いてきているのだと思う。」 / Twitter
日本の場合インターネット普及とオウム事件が同時だったために、アメリカにおいてWindows95登場から911までの6年間に醸成されたカリフォルニアンイデオロギー的な自由主義のマインドが全く育たなかったことの影響がじわじわと効いてきているのだと思う。

カリフォルニアン・イデオロギーというのは要は「陽キャ」ヒッピーと「隠キャ」ギークの連続性を担保するものなのだったのだが、日本ではこれが弱いためにヒッピーマインドとギークマインドが完全に断絶している。「表現の自由」に関するケツの穴の小さい感じというのも、その辺りの影響は大きい。

ヒッピーマインドとギークマインドが連携していれば、右のアメフト脳筋バカと左のPCロビイストバカに飲み込まれずに済む。逆にここが断絶していると、瞬く間にシュラフタの共和国はヒトラーとスターリンに二分割されてしまうことになる。

ヒッピーマインドのあるギークはネトウヨにならないで済むし、ギークマインドのあるヒッピーはメンヘラにならないで済む。まあ、この辺りは本家アメリカでもだいぶあやしくはなってきているのかもしれんが、本邦に比べればまだ、 シュラフタの共和国 は健在であるように見受けられる。

#20190817 #0817

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく