ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 感想(ネタバレがあります)

総評
ジャンゴ繋がれざる者 、イングロリアス・バスターズに連なるオチ、というだけで ネタバレ になるけど、これをみにくる人なら恐らく知っているであろうシャロン・テートさんの最期に向けてカウントダウンされていくので否が応でも緊張感は高まっていくのだけど、それを ブラピ がバキバキのアクションでクソヒッピー連中をバキバキに痛めつけてくれて、イングロリアス・バスターズよろしくまたナパームで焼くエクスプロイテーション映画的な快楽
自分が生まれるはるか前のはるか遠くの場所なのに、なんともいえない郷愁みたいな想いがこみ上げてくる
タランティーノ の愛がひしひしと伝わってくるというか

良かったところ
ディカプリオと ブラピ のコンビは本当に最高!!ずっとみていたい!!
マーゴット・ロビー扮するシャロン・テートもえもいえぬオーラというかファム・ファタールというか
今年みたスパイク・リーの「ブラッククランズマン」を連想してしまうようなメタ感のある映画
ただ、ブラッククランズマンは最後のくだりの後に後味悪いやつがついてた一方でタランティーノは歴史を捻じ曲げてでも愛おしさに浸っていよう、フィクションでは夢みようやん...?というようなスッキリとした気持ちで劇場を後にできた(上映時間が長くてかつ上映前ギリギリに着いてしまったので整ってない状態で臨んでしまったので、久々にトイレに急いだとも言う)
ブラピがしつこくしつこく顔面を叩きつける!強そうな犬がガブーッ!ワンワン!ガウーッ!
ガラスを突き破ってヒッピーガールが飛び出してくるところは腹を抱えて笑った
またナパームかよ!どんだけ好きなんだ!!

アトロク のインタビューを聴いたり パンフ を読んで
シャロン・テートが劇中で自分の映画をみるくだりは「本物の」シャロン・テートをみる「作り物の」シャロン・テートをみる我々というねじれたアングルが面白いよね、って言っていて確かに、とおもった
実際シャロン・テートさんというと、作品は1本もみたことがなくて惨劇に遭った人、というラベルだけでしか知らなかった
これを機に吸血鬼とか哀愁の花びら、The Wrecking Crewとかみてみたくなった
劇中劇のシャロン・テートに現代の観客が笑わされるというのは、やはり役者というのはフィルムの上で生き続けているんだなあ、と最近どんどんいなくなっていってしまう人たちのことに想いを馳せてしまった
過去の作品と比べてもお話の起伏が平板(特に前作のヘイトフル・エイトと比べたりすると)なのは、どのキャラクターにもしっかり惹きつける力があったので、半ば意図的にラストに向けて人間たちによる人間の様子が2時間半もつということなのだろう
スパーン映画牧場の部分はクリフは事情を知らないが、我々は知っているという非対称性があって、故に怖いのだが、終わってみるとマンソン・ファミリーを描く映画ではなかったのでアッサリしていた
正直、あんまり事情に詳しくない人がみたらさっぱり分からん映画なんでは?とは思うが、監督は「レビューみたり、ちょっとググればすぐ分かるっしょ!」みたいなあっけらかんとしたテンションでよかった
タランティーノは自分の好きなモノを現代にチューニングしてミックスするのが得意なDJなのかも

その他
ワイルド・スピード: スーパーコンボ に続いて池袋MAXで鑑賞
予告編で唯一ホアキンジョーカーがデカいサイズで予告をやっていてテンションが上がった
最後にデカい DC のロゴがバーンて出るし

#20190830 #0830

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく