20190831

友人宅でボードゲームをしてきた
プラネットメーカー
これは面白かった、タイルを取り合って自分の惑星をつくっていく
場にはラウンド毎に動物のカードがあって、動物には生息条件があり、最大サイズの生息条件を満たす地形を持っている人が動物カードをとれる
相手の惑星の状況が逐一わかるわけではない(ルールに明記されてなさそうだったが確認したりしてると時間かかりすぎるので...)のでざっくりどんな感じかを想定しつつ、自分の惑星を動物条件に合わせて組んでいくのが非常に脳みそを酷使する
正十二面体のコンポーネントも絶妙で、立体ならではの味があって良かった
ゲーム的には2Dでもつくれただろうが、立体になっていることで面白さが際立つ良ゲーになったとおもう

https://twitter.com/neo6120/status/1167456849781653505
だいぶ理想的なツモとレベル配分だった

#0831

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく