2019 ベスト・映画

毎年やってるけど、今年は過去イチでみてる本数が少ないかもしれない...
数えてみたら27本だった
たるんでいる...来年は気を引き締めていきたい....

27本でベスト10だと3本に1本がランクインする計算になるが、まあ....

殿堂入り アベンジャーズ/エンドゲーム
まず最初に、エンドゲームは2019年はおろか、10年代を語る上でも外せない1本なのは間違いないわけだけど、この作品はもう単体でどうのこうのみたいな話が全くできない映画なので 殿堂入り にすることにした
メイキングなどをみるために盤を買ったんだけど、終盤のビッグ3vsサノスのシーンとか「On your left...」からのくだりをみるだけで脳から汁がドバドバ出るので、落ち込むことがあったら一旦エンドゲームのこのシーンをみて元気を出すのが2019年だった
エンドゲーム直後!思ったことを吐き出しておく会(ネタバレがあるので注意) でダラダラ書いた
ナタクリのくだりとか、キャップがハンマー扱えるのは百歩譲ってわかるとして、電撃でるのはちゃうやろ!!とか単体の映画としてみようとしても気になるところはありまくりなんだけど、ええねん細かいことは!!ってなる
ちなみに、スカイウォーカーの夜明けでも電撃ビリビリではぁ?ってなったので半年に1回のペースで電撃に文句言ってる

1位 スパイダーマン: スパイダーバース
エンドゲーム殿堂入りからの スパイダーバース 1位ってすげーバカみたいなランキングかもしんないけど、初回みたときは嗚咽が止まらないほど感情がもってかれたし、いろんな上映形態(吹替とか、Dolby Atomos とか)で何回もみた
ソニーにはいろいろな気持ちがあったし、え?アニメで?しかもスパイダーバースを?と不安8割期待2割ぐらいの気持ちでいた過去の自分をぶん殴ってやりたいぐらい素晴らしい出来

2位 ミスター・ガラス
↑のポスター、ジェームズ・マカヴォイだけ3人いてじわるけど、ジェームズ・マカヴォイがあんだけの人格を演じ分けられてて、しかも何を発するわけでもなく、そこにいるだけで今誰なのかがわかるというあたり、役者って改めてすごいなーと
スプリット の最後でブルース・ウィリス出てきて「へ!?!?!」ってなってから数年、期待半分不安半分だったけど、完全にカマされてしまって「シャマランありがとう、ありがとうな...エアベンダーとかアフターアースで散々イジってきてスマンかったな...」となった
ヴィジット、 スプリットミスター・ガラス で10年代のシャマランが終わりよければ全てよし的な仕上がりになった感がある

ブルース・ウィリスが大人になった息子とビジランテ活動してるシーンだけでも泣きそうになっちゃった
「信じることで世界は変えられる」というのがシャマランからのメッセージだと受け取った
プロダクションがややこしい感じだったせいか、 パンフ がなかったのが少し残念、インタビューとか読みたかったなあ

3位 トイ・ストーリー4
スター・ウォーズ はシークエルが完全に蛇足なことが確定したわけだけど( スター・ウォーズ シークエル大反省会 )、スター・ウォーズと同じくらいキレイにオチていたトイ・ストーリー3の続編なんて絶対蛇足にしかならんやろ!!とおもっていた自分もぶん殴ってやりたい素晴らしい出来だった
感想とかは: トイ・ストーリー4 感想(ネタバレがあります)

4位 ジョーカー
上位作はナメてたやつばっかで、いかに自分に選球眼がないかというのを思い知らされてきてるのだけど、このジョーカーもご多分にもれずナメていた
ノーランのダークナイト3部作の陰が未だに色濃い現在、むちゃくちゃやりにくい役であろうジョーカーというキャラクターなのに、それをホアキン・フェニックスがやるって、なんじゃそりゃ?ってずーっとおもってたんですけど、ヴェネチア国際映画祭から旗色が変わってきて、もう公開されてからはもう最高でした
感想とかは: JOKER 感想(ネタバレがあります)

5位 シャザム!
シャザム!とアクアマンは結構接戦だったんだけど、予告でシャザムファミリーは出ない感じなのかしら?とおもってたところに~というところにもってかれてしまったのでこちらに軍配を上げた

6位 アクアマン
ありがとう ジェームズ・ワン !結構ハイファン気味のこの世界観を映像に起こしてくれて...!!という感動が一番だった
モモアさんのハマりっぷりもなかなか

7位 ワイルド・スピード: スーパーコンボ
世界最高のハゲとハゲがサイボーグイドリス・エルバと激突する!!
感想とかは ワイルド・スピード: スーパーコンボ 感想(ネタバレがあります)

8位 蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷(映画版) 感想 (ネタバレがあります) に書いたけどピアノになんともいえない感情があったことを思い出させてくれた映画だった

9位 CLIMAX
絶対に LSD はやらないぞ!義務教育で子供にみせるべき!!フランスが誇る映画!!!
感想: CLIMAX 感想 (ネタバレがあります)

10位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
アイリッシュマンよろしく、淡々と1969年のハリウッドが描かれているだけっちゃいるだけ
みてる間はそんなにピンときてなかったけど、マーゴット・ロビーがシャロン・テートの映画を劇場でみてるシーンよかったなあ...
感想: ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 感想(ネタバレがあります)


改めて振り返ってみると今年はアメコミ当たり年だった DC もいろんな角度からいいやつ出してきたし、 MCU はもちろん、 シャマラン までこっちに振ってくるとはおもってもみなかった

< 2019 はじめたこと | /cd/2019ベスト | jgs >

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく