マンハッタン・ビーチ 感想

https://amzn.to/373tWTr
この前みたパラサイトもいろんなジャンルを縦横無尽に駆け巡るようだったけど、このマンハッタン・ビーチもいろんなジャンルをミックスさせたような、分厚さに相応しい内容だった
歴史小説として
とにかくすごいのは、大恐慌後の戦前〜戦後らへんの東海岸の雰囲気が情景として立ち上がってくるところ
筆者は現役の方ですか?というぐらいだったんだけど、あとがきを読むとリサーチをめっちゃやったらしい...すごいな....
いろいろ参考文献があがってたけど、公文書っぽいのも入ってた気がするので公文書を残しておくのは大事
女性のエンパワメントとして
あとがきで第二次世界大戦当時は女性の潜水士はいなかったそうなのでまるっとフィクションだったわけなんだけど(てっきりモデルになった人がいるのかとおもっていた)、物語としてとても現代的
歴史小説としてみると改変みたいになっちゃうけど
ノワールとして
特にデクスター・スタイルズを通してみるこの時代はイチ市民だったアナやエディと比べてまた違ったものにみえる
暗黒街からカタギへ戻ろうとするデクスターの渇望はギャング映画みたいだった
話の帰結などなど若干説明不足っぽい気がしてしまったんだけど、アイリッシュマンをみてもグッドフェローズをみてもこの感覚があったので、もっと詳しくなりたい
戦艦ものとして
戦艦というか、商船なので戦うわけではないけどUボートに襲撃される戦艦の創作物は結構あるけど、商船はそんなにない(?)
Return of the Obra Dinn で海のマナーをイロイロ学んだのである程度はわかったけど、Obra Dinn 号からだいぶ未来の話なのでその差分でわかりきれない部分があった
注釈などがあると助かったとおもうのだが、既に分厚いしさすがにムズいか
現代ダイビングにはそこそこ詳しいけれど、この時代の潜水は素人なので「こんなだったのか〜」と学びがあった
遭難ものとして
遭難パートはキツかった...ハラハラした
ミステリーとして
父の失踪という大きなピースがあるので、成長したアナがデクスターに近づいたりするくだりなど素直に楽しめた
アナがデクスターと潜水して父の死を確信したあとあたりからエディの商船ライフがはじまるあたりビビる
そして、エディを消した様子をフラッシュバックしながら退場するデクスター...

アナの気持ちの揺れ動きが激しくて、時々どっかいっちゃって「あれれ...」となるけど、なんだかんだで手元に戻ってきてくれるような感じで最後まで伴走できた
中絶のくだりは読みながら気を失いそうなくらいリアルで怖かった...

読書2020
#20200114 #0114

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく