Bombshell 感想

邦題が微妙映画なので原題の Bombshell でいく
Bombshell といえば、 DC の Bombshells を読みたいな〜とおもってるうちにだいぶ経ってしまった、邦訳版出ないかなあ

ニコール・キッドマン、シャーリーズ・セロン、マーゴット・ロビーの3代揃い踏み映画ということで、それだけで前情報なくみにいった
みおわってみると、前情報も入れてなかったし、アメリカの(ていうか FOX の)事情というか雰囲気みたいなのも全然知らなかったのであんまりついていけなかった
それもそう、脚本が The Big Short のチャールズ・ランドルフである、しまった

みおわってから 『スキャンダル Bombshell』感想(ネタバレ)…彼女たちが伝えたこと : シネマンドレイク:映画感想&レビュー を読んで、フムフム、なるほどな〜みたいな

メイクの塩梅がスゴくて、シャーリーズ・セロンも「え...?これ...?シャーリーズだよね...?」だったし、それに輪をかけてニコール・キッドマンは「これ...?だよね...???」という状態の中、唯一マーゴット・ロビーだけがマーゴット・ロビーだったし、ベテラン、ベテラン、若手、みたいな構図だったのもあってマーゴット視点でみてたんだけど、彼女だけがモロなセクハラをくらうので気まずい感じになってしまった

終盤、なんやかんやあってオッサンが退くことになってよかったよかった、とおもってたらまたオッサンが降臨してくるのをみて、レズビアンの社員はやっぱり写真を棚に仕舞うしで、「えぇ...」となっていたところでマーゴットは社員証をダンクするところはよかった

#映画2020
#20200222 #0222

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく