ザ・ボーイズ シーズン2完走

from 20201009 #1009
ザ・ボーイズ シーズン2完走
前話が公開された後一旦取り消されていたのを知って、早めにみておくことにした
シーズン3きたときにサッと思い出せるように書いておくと
ボーイズの面々は放免になり、各々の暮らしへ戻った
ヒューイはニューマン議員(コングレスって議員って意味だよね?)のスタッフに
MMは実家へ
フレンチーはキミコと
ブッチャーはCIAの誘いを断って(だよね?)どこかへ
セブンの面々は散々
ホームランダーは息子を失い、飛行機の映像をネタに握られており、夜な夜なマスかいてる模様
メイヴとスターライトはセブンに残留
ノワールはまだ昏睡状態なのかな?
Aトレインが教会の差し金で復帰する模様
ディープは教会に中指を立てて去った
ストームフロントは死んだ?かな?
ところで1話からずーっと潜んでいた遠隔爆破型の能力者は一体...?というのが実は恐らく次シリーズの伏線になってるという
ヴォートを追い詰めていたニューマン議員がやっていたみたいで、爆破する時に目の色が変わるっぽいんだけど、議会の惨劇シーンでは素直にビビってただけのような...
そもそも議会の爆破にせよ、1話のマロリーの娘爆破にせよ、どういうモチベーションでやっていたのか...
まあ、スーパーウォッチみたいなのを組織するのが目的みたいだったけど
しかもそこにひょっこり浸入してしまうヒューイの悪運よ....
最終回の感想
ついにナチ残党だと暴かれたストームフロント aka リバティをタコ殴りにするキミコとメイヴとスターライトのシーンは爆笑してしまった
ボーイズってタイトルだけど能力者なのはガールズっていう皮肉
ホームランダーに同情の余地はないけど、かわいそうっちゃあかわいそう、あと大事な人を喪ったという意味ではブッチャーと鏡写しになってて、次シリーズでも効いてきそうな...
エドガーの考え方はまさに新自由資本主義的、もしくは原始資本主義的なのか
ベッカとライアンを匿ってたのはホームランダーに対抗するためだったのだなぁ
とするならなんかヴォートに洗脳施設みたいなのを作って洗脳した方がよかったんでは、という気もするが
ブッチャーも人の子だったなあ
ストームフロントをナチズムと結んだのはちょっと安直だった気もする
ドラマ版ウォッチメンでは直球にKKKを意識したつくりになってたのに対して、ナチだとちょっと弱いというか、今やかの国はナチズムやネオナチよりは KKK 的な白人至上主義の方が根深そうにおもう
ヒューイとアニーに証言を請われたメイヴの態度は結構自分と近いものを感じて、なんか改めようという気持ちになった
メイヴほどひどい目には遭ってないけど、やっぱなんかこれまでの人生で大きく何かを変えられた体験がないし、変えられるというビジョンもない、みたいな...

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく