フィクション、身体性、共感

from 20201014 #1014
フィクション、身体性、共感
人間は身体性を伴った体験を通じて共感できるようになるのではないか
自分の想像の埒外にあるものに対して共感すべき、となったとしても想像すらできないと共感もしようがなさそう
エウロパの氷の下になんか生物がいたとして、そいつが何考えてるかなど分かりそうもない、みたいな
身体性を伴った体験はテクノロジーが何もなければ、全てを自分で経験していって積み上げていくしかないが、幸いにもテクノロジーの山に立ってるのでフィクションを体験するということができる
映画、ゲーム、本、VR、いろんなメディアがあるけど根本的には疑似的に体験を共有できるところに価値があるというか
高校とかの世界史でどう教えてるのかは知らないけど「コンスタンティノープルが陥落したのは1453年です」って情報だけくるよりも、メフメト2世や彼を支えたパシャ、ウルバンのことや、落とされた側のパレオロゴスが実際にどう考えてたかは知る由もないけど、いろんなフィクションでその物語を体験してボスポラス海峡を望むと、どちらにも想いを馳せることができる
もはや歴史学習ツール化しつつある AC シリーズの Assassin's Creed: Odyssey でフィクションのソクラテスと話せたのはとても面白かった
フィクションでなら女性がどんな扱いを受けてきたか体感することができるし、マイノリティのそれも同じく
そうやって身体性を伴った体験があると共感できるようになり、共感があると手を差し伸べることができるようになるんじゃなかろうか

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく