20210406

#0406

差別と顧みられてなさ
ここ数年で何回か映像表現における日本、アジアの顧みられてなさについて書いてきたけど、ここ最近のアメリカにおけるアジアヘイトの一連のもろもろをみて、やはりフィクションとはリアリティのリフレクションなのだと感じた
フィクションでの顧みられてなさは、やはり現実の

汎エスニシティと党派性
西洋の人々から見たら東洋、アジア系と十把一絡にされているからといって、アジア系なんだ、と党派性を持ってしまうのはどうなんだろう?
そもそも人種というか文化風俗が似ているからといってもはやそこに共同体としての意識を感じることがなくなってきている
国民国家という概念に限界を感じてきている
例えばアメリカに住んでいて、アジア系だからといって無条件に票を投じるのは違うとおもうし、

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく