削除されたMaison book girl、最後のステージで何が起きたのか(ライブレポート / 写真40枚) - 音楽ナタリー

削除されたMaison book girl、最後のステージで何が起きたのか(ライブレポート / 写真40枚) - 音楽ナタリー
最初期のライブで披露されていたポエトリーリーディング「眠れる森」では、ステージ中央の回転床が起動し、メンバーはこの上を歩きながら朗読を行った。

真っ赤な草原の映像が特徴的な「狭い物語」は白黒に変更。脳活動の情報を解読・再構成した画像を用いた「夢」も画面が白黒にされ、楽曲自体もメンバーの声以外はハンドクラップのみというアカペラアレンジになった。

この初披露曲で彼女たちは「僕たちは いくつもの ユメをみる その先で また 君と出会えたね ゆっくりと 影たちの 悲しみが 消えていく 運命を くり返す」「僕たちは いくつもの ウソをつく その愛で また誰か 傷つけて 吐き出した 空っぽな 言葉には 消えていく 運命を 救えない」と歌唱。

Maison book girl Solitude HOTEL(最終公演)
#20210601 #0601

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく