ネタバレ解説 ドラマ『ロキ』最終話のポストクレジットはなぜ重要か 『マイティ・ソー』との意外な繋がり | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説 ドラマ『ロキ』最終話のポストクレジットはなぜ重要か 『マイティ・ソー』との意外な繋がり | VG+ (バゴプラ)
ドラマ『ロキ』最終話におけるポストクレジットシーンの「ロキはシーズン2で帰ってくる/LOKI WILL RETURN IN SEASON 2」という表記は、 MCU ではお馴染みのものだ。「〇〇は(××で)帰ってくる/〇〇 will return(in ××)」という文字がエンドクレジットの後に表示され、MCU次回作に期待を繋げる手法は幾度となく取られてきた。

この手法が最初に採用された作品が映画『マイティ・ソー』(2011) だということをご存知だろうか。映画『マイティ・ソー』では、エンドロールの最後に「ソーは『アベジャーズ』で帰ってくる/Thor will return in The Avengers」という文字が表示される。映画『アベジャーズ』(2012) の公開が初めてスクリーン上で正式に発表された瞬間である。

そうかあ、アベンジャーズ告知されたのってソーだったんだっけな...
今となっては、世界観がめちゃ広になって大抵のことは受け入れられるようになったけど、当時からしてみると一番突飛な設定をもったシリーズだったし、果たした役割は大きかったんだなあ

ロキ
#20210716 #0716

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく