孤狼の血LEVEL2 感想

from 20210917 #0917
孤狼の血LEVEL2 感想
前作孤狼の血は東映からアウトレイジへのアンサーでもあり、白石和彌節も炸裂していて最高の映画だった
特に松坂桃李はごっつい当たり役で、中盤までの雰囲気から役所広司の狂気が乗り移っていく感じがたまらなくてメタ的にも役所広司から薫陶を受けたように見えてとても良かった
あと江口洋介がめちゃめちゃカッコいい
その続編である本作は、前作から3年後ということで松坂桃李はすっかり不良刑事が板についている風、日本で一番〜の綾野剛もなかなかだったけど、こちらも
すっかり広島を平定していて、間者の村上虹郎、西野七瀬(!)とエエ感じにやっていたら、明らかに広島死闘篇の千葉真一みたいな鈴木亮平が出所してくる
鈴木亮平もたまらん顔をしていて、終始なんとも言えない哀しみを背負っている感じがしてイイ
村上虹郎は武曲でこれは!とおもったものだが、ただのチンピラじゃないこういう役もきっちりやれててすごかった
そして、その姉は劇中この人誰だろう?うまいなーとおもってたらクレジットで西野七瀬でびっくりした
暴対法施行直前のヤクザたちはすっかり牙を抜かれた風で、寺島進や吉田鋼太郎なんかがすっかり気が抜けててよかった
中村梅雀扮する刑事はのっけから怪しいとおもってたので、日岡がほだされてしまうシーンで「あーこれはハメられたな...」と
本作での日岡は冒頭から刺されるし、撃たれるし、落ちるしで終始ボロボロなんだけどジョン・ウィックかよみたいな執念で上林を追い詰めていくんだが、結局のところは全ては県警の差し金だったことが中村獅童のポロリで発覚してやっぱり県警はクソ!っていう(県警対組織暴力)
メディアの側も、結局のところはネタがとれれば人死になどなんだのお構いなし、というスタンスなのが中村獅童一人で体現されていて、まあ、そうだよなあ...みたいな
あとはなんといっても、終盤でダンプを突っ込ませるのはさすがというか鈴木亮平がダンプ乗ってるだけでもう最高!
日岡と上林の関係性は バットマン とジョーカーのそれに近かった、最後のタイマンはベインだったかもしれんが
あと、上のゴタゴタに巻き込まれて若い者が酷い目に遭うとか、原爆ドームがチラ見せされてたりとかはやっぱり仁義シリーズなんだなあ、と改めて
上のゴタゴタに巻き込まれるのって全然現代でもあるよなあ、明治の前は食い詰め武士とかだったり、戦中はもちろん前線にわけもわからず送り込まれた人たち、そして我々も今やれ役員間の不仲だの、強権すぎるデザイナだのなんだのに振り回されて腹を詰めさせられてるんだよなあ...
終わってみれば、冒頭のピアノ講師がただただ不憫だった

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく