スマイルプリキュア! 感想

from 20210929 #0929
スマイルプリキュア! 感想
プリキュアシリーズの感想で若干自分の中で定番になりつつあるんだが、このシリーズもやっぱり終盤にかけて失速していった感が否めず...
特に気になったのは、終盤バッドエンド陣営の3人とタイマン勝負していく展開で、どのキャラクターも焼き直し感がすごくて、やよいに関しては時系列すらよくわからんような造りになっていて大丈夫か?と
これはこうだったら好きだったのにシリーズかもしれないけど、オーラスのオチが結局「友達がどうこう」という話でしっくりこなかったんだが、相手さんが「絶望の物語」と明言までしてくれているんだから未来を創っていくのは「希望の物語」であり、その想像力、スタプリでいうイマジネーションの力だろうとおもう
民間伝承などがモチーフになっているわけだし、劇中にもプリキュアの本というメタなアイテムも出てくるし、プリキュアの本を描いていくのは我らなのだ~というとしっくりくるのでは
キャンディとの別れにかなりの尺を使って延々とウェットなシーンをみるハメになって、さすがにこんだけやってエピローグでキャンディがノコノコ現れたらキレんぞ、とおもってたら本当に現れてズッコケた
前半はとにかく面白いが徹底されていて?バッドエンド3人組も3ボケのトリオみたいだし、プリキュア陣営もボケの天丼オンパレードみたいな演出はすごい面白かった
ピースの2回目くらいの変身で赤鬼がツッコミいれてたりするのにめちゃめちゃ笑った
後半でよかったのは、あかねがフィーチャーされている回で、なんなら最終的に一番好きなキャラクターだったかも?
なおの最後の回は、スタプリのえれなさんのストーリーラインがよくできていたんだな~となんかそっちに感心してしまってピンとこなかった
れいかさんの最後の回は、恒例?の留学するしないの回で、セーラームーンから何度となくみてきて毎回納得のいく展開を迎えられてなくて、このシリーズでもやっぱり納得いかなかった
他の抽象的な話はまあある程度はそんなもんかなあ、と流せるけど、留学をするかしないかはハッキリとYESかNOかの答えが出てしまうし、YES の時にストーリーを継続できなくなってしまうのでかなりの確率でNOになってしまうのと、NOの理由に基本納得がいかないことが多いのでそういうことになるんだとおもう
このシリーズに関しては、あの本棚を使ったどこでもドアで移動できるんだから、プリキュアやりながら留学できるんじゃね?ていうかそもそも1ヵ月でミスターJをボコボコにしてプリキュア業を廃業したらいいんじゃない?という

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく