MCU『エターナルズ』が上映禁止、俳優が「政府に対して敬意を一切持っていない」と表明 - フロントロウ -海外セレブ&海外カルチャー情報を発信

MCU『エターナルズ』が上映禁止、俳優が「政府に対して敬意を一切持っていない」と表明 - フロントロウ -海外セレブ&海外カルチャー情報を発信
MCU 初の同性カップルが描かれた映画『エターナルズ』が、サウジアラビア、クウェート、カタールで上映禁止になった。これらの国では同性愛が禁止されている。
 米THRによると、上映禁止になる前に多数の映像編集の要請がディズニー側に送られたが、ディズニーはこれを拒否したという。
 『エターナルズ』の同性カップルは、エターナルズの1人であり発明家のファストスと、ファストスの夫であり建築家のベン。2人の間にはジャックという子供もいる。ファストスを演じたのはブライアン・タイリー・ヘンリーであり、ベンを演じたのはハーズ・スレイマン。ハーズはイスラム教徒の家族を持ち、自身もムスリム。そしてレバノンで生まれ育った。21歳でアメリカへ移住し、2017年にゲイであることを明かした。

ディズニーグッジョブ!!

『エターナルズ』でセナを演じたアンジェリーナ・ジョリーも、豪News.comのインタビューで、同性カップルが描かれたことに反発する人々に苦言を呈した。
 「(そういった反応をする人々のことを)残念に思ってる。そしてマーベルが、それらのシーンをカットすることを拒否したことを誇りに思う。ファストスの家族や、その関係、その愛の美しさを目にすることがない人々がいる世界に、いまだに私たちが生きていることが理解できない。人々がそれに怒り、恐怖を感じ、認めなかったり、敬意を示さなかったりするのは、無知なこと」

米NewNowNextによると、ファストスとベンのキスシーンの撮影では、感動から泣いていたスタッフもいたという。そしてそのインタビューでハーズは、制作陣は「大きな思いやりを持って」制作に臨んでいたと感謝の気持ちを語っていた。さらなる一歩を進めたディズニーは、その信念を曲げることはしなかった。

#20211112 #1112

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく