CO2の計測をはじめた

from 20211224 #1224
CO2の計測をはじめた
M5StickC Plus とそれに Grove という規格?で接続できる SCD30 センサを組み合わせて仕事場の二酸化炭素の濃度を計測できるようにした
久しぶりにラズパイ
M5StickC Plus - https://www.switch-science.com/catalog/6470/
SCD30 - https://www.switch-science.com/catalog/7000/
想像していたよりちっさかった(好感)
比較できるものがなくて、とりあえずハッカ油よりも小さい
かわE
裏面
さすがにバッテリが飛んでたのか、そのままだとつかなかったのでCのケーブルを挿したらついた
Cのコネクタと比べるとその小ささが伝わるだろうか
ジャイロの様子
タイマーっぽいやつ
マイクから波形として出せる!面白い!
IRリモコン機能もあるっぽい?
Remo を置換できるかも
まーまずはこれですわ
Arduino IDE でお手軽だったけど、ESP32ボード?というのを追加しないといけない
あと M5StickCPlus のライブラリも追加しておく
早速センサをつなげていく
Grove のコネクタがおもったよりも固くて、これ合ってるよな...?と恐る恐る挿した
ケーブルは付属してくる
つなぐとこんな感じ
ちょっとボケてるけど、無事にセンサから値が拾えている
センサのライブラリは https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_SCD30 から zip でソースコードをダウンロードして、IDE に追加する
M5StickC Plus は Wifi か BLE しか通信の IF を持ってないので、有線接続したラズパイ経由で何らかのサーバに値を送るようにする
ラズパイと何で接続するか迷ったが、どうせ充電のために USB 挿さないといけないのでついでに USB で通信もすることにした
ここまで mac で開発していたのだが、突然シリアルポートが見えなくなってしまって、再起動したりケーブルを変えたりいろいろ試したが mac から接続できなくなってしまった
試しに Windows に接続したらアッサリと認識したので、mac 側がダメなんだなと...
コードは https://gist.github.com/e-jigsaw/c1149df69f6e2dcda52ef4f674de270c こういう感じ
ビジュアライズは何でやるか迷って、一旦 Google のスプレッドシートに追加されるようにしてみたが、スプシ弱者でグラフがうまく出せなかったので、無料 tier でもかなり使い勝手のよさそうな Ambient てとこに送るようにした
js 実装のライブラリがちょっと前に公開されていたっぽくて、組み込みも簡単だった
通知送ったりするのは有料の機能らしいので、換気すべきタイミングで通知するみたいな仕組みを別で組もうとおもう

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく