Dyson Sphere Program 開発した

from 20220122 #0122
Dyson Sphere Program 開発した
前々から評判は知ってて、気になっていた
タルコフがメンテの間、なんかゲームしたかったところ、20%オフだったのでつい開発してしまった
ダイソン球という概念をこのゲームではじめて知ったのだが、実家に太陽光パネルがつくって話の時に、太陽光パネルで発電できるなら地球の軌道上にデカい屋根みたいなのつくって発電したらいいんじゃない?もしくは太陽をすっぽり覆うみたいなのはどう?みたいなことを子供ながらに考えていて、それがダイソン球だったようだ
良し悪しなんもわからんが、このシードでいく
Alpha Leporis G型恒星というのが今回のアルファ・ケンタウリだ
ヒューーーーン
みえてきた!!Alpha Leporis IV星というのが母星のようだ
大気圏へ...
まさかの一人乗りだった
高専で0点だった電磁気学を履修
ざっと開発を進めて、研究棟を作ったり、ソーラーパネルを置いたりしている
特にスクショを撮っていなかったのだが、最初の系を手入れしていくのが大変だったので、2つめの系を作ってそっちを安定稼働させたりした
この星は、チタンとシリコンがなくて開発を継続するのが難しかったので、別のチタンとシリコンを豊富にもつ星へ引っ越すことにした
必要最低限の物資を持って、いざゆかん~~~~
と、宇宙へ飛び出したのはいいが燃料がめちゃくちゃギリギリになってしまった
とうちゃーく(電欠)
溶岩の惑星だということで、地熱発電を用意してきた
無線充電器も持ってきたのでそそくさと展開して充電...
こっちもまだ系を作り途中で特にスクショなどはないのだが、発掘したチタンやシリコンを母星に送り込めるように星間輸送をやるために、チタンやシリコン絡みの素材のラインを作成している

Alpha Leporis 開拓誌

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく