世界はだいぶ崖っぷちの平和を享受していただけなんだな、もちろんその平和すら享受できてなかった人たちもたくさんいるわけだが

from 20220224 #0224
世界はだいぶ崖っぷちの平和を享受していただけなんだな、もちろんその平和すら享受できてなかった人たちもたくさんいるわけだが
ウクライナ危機について、連日関心を持ち続けているが、とうとうルビコン渡った感がある
アメリカの国連大使が「平和維持などとちゃんちゃらおかしいワイ」みたいな意見を述べていたようだが、そういう名目でもうコトは進んでしまっているようである
いろいろ見聞きしてる中で、イラクのクウェート侵攻を想起すると指摘している人がまあいて、湾岸戦争は確か生まれる前?のはずなので当時の空気感なぞは知る由もないが、NATOを中心とした多国籍軍?が本格的に戦線に投入されるーなんてことはあり得るんだろうか?
今のところ、考えられる中でもだいぶ悲観ルートできている感があるので、もはやあり得るシナリオは起きてもおかしくないと想定すべきなんじゃなかろうか
もし、NATOが本格的に参戦したならば核兵器を持った国がマジに向き合うことになるわけで、下手すりゃアポカリプスである
アメリカはアフガンから最悪の撤退をしたばかりなのに、やすやすとウクライナに加勢したら二の舞になることが見えてるし、かといって効果あるんだかわからん制裁を加えてもロシアに出し抜かれたんだということになるし、返り血を盛大に浴びるような制裁をかけると、今度は自国の経済がガタガタになるだろうしでぶっちゃけ詰んでね?そしてそれを見越してロシアはきてるんじゃね?という感じがする
というようなことを、今回の危機で改めて実感したのだが、今までも事実上こういう状況にそう変わりはなかったはずで、その砂上の楼閣で、空を見上げて「あ〜平和だな〜」なんて呑気にビール飲んだりしてたんだよなあと
無論それは、アメリカの核の傘の庇護下にあったからで、冷戦終結後もパレスチナはずっとヤベー状態だったわけだし、香港は悲しい感じになったり、もう書ききれないくらい紛争だの摩擦だのがあって、たまたまそれらと無縁でいれただけなんだよなあと
最後に若干不謹慎な話なんだけど、キエフの防空サイレンが鳴ってる映像みてたら、無意識のうちに CLIMAX の冒頭が脳内再生されてしまった

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく