ザ・バットマン 感想

from 20220315 #0315
ザ・バットマン 感想
コミックではなんだかんだ言って ダークナイト・リターンズ が好きなので、ベン・アフレック扮する老練 バットマン て雰囲気がよかったので、スナイダー版がグダんなければな....というのは未だにおもってしまうところではある
とはいえ、ジャスティス・リーグをやるにしても先にバットマン単体作品をやっておいてもよかったのでは、とも未だにおもう
スナイダーカットをみても尚
バートン版、ノーラン版とそれぞれだいぶ壁としては高いし、ヤングブルースはドラマのゴッサムでだいぶやってるので、イヤーワンやるにしてもでは...?と心配していた
雰囲気的にはまさしくイヤーワン、ロングハロウィーンあたりがベースって感じだったんだろうか、梟の法廷っぽさも感じた
冒頭で白塗りのチンピラどもがいるところから、もしかしてもうミスターJがいる世界なの...?と期待半分不安半分でいたら、最後にチラッと示唆されるぐらいの出番だった
続編つくるぞーっていうことなんだろうか
とはいえダークナイトがあって(一応)スーサイド・スクワッドがあって、ホアキンのジョーカーがあって...とだいぶもう食傷気味でもあるのでぶっちゃけもっと他のヴィランをフックアップしてほしい気もする
ドラマのゴッサムで相当フックアップはされてるけども
終盤までは割と王道なノワールなのかスリラーなのかサスペンスなのか、リドラーとバットマンていうキャラクターじゃなくても成立しそうな内容だったけど、ちょっと画的に新鮮だったのはバットマンがだいぶ真っ当に災害救助をやってるところで、ブルースが発煙筒で火を灯して行進してる画がすごいパキッとしてて「わーこれこれ!」となった
本作のコスチュームが割と手製感あるせいか、Damned の手触りに似てる感じがした
目元にドーラン塗ってんのもパンク感あってよかった
殺された市長の子供に自分と近しいものを感じてそうだったし、救助の時に一番最初に助けられてるのをみて「もしやボーイワンダー...?」とおもってしまった
リドラーも孤児だと言ってたし、みんな孤児
予約する時に、なんか長くね...?とおもったが、体感だいぶ長かった
ケレンたっぷり(なんといっても冒頭でバットマンが暗闇からヌッと出てくるまで相当引っ張る)にはじまったので「ああ、こういうテンションでいくんだなー」と覚悟は決まったが
犯行現場をブルースがノソノソ歩いてるとこは、まだ威厳もあんまりなくて、警官との間のきまずーい空気がたまらなかった
リドラーの謎かけがあんまり物語の推進力になりきれてなくて、もうちょい興味が持続するような作りだとよかったなあ
バットモービルもノーラン版と比べると割とまだクルマで、マッスルカーっぽい雰囲気でそれはそれでまあ、という
現代のゴッサムで、リドラーがデジタルカルトっぽいのを形成していた~というアレンジは結構面白かったので、そこ辺もっと掘り下げてくれてもよかったなあ、とおもう
ポストトゥルース時代において、自らの意とそぐわない者に lies, liar と断言することは日常化しているように感じる
ノーランはベインを通じて資本主義システムや格差社会を強烈なイメージで切り取ってみせたけれど、リドラーをこういった形でフィーチャーするってことは、もう少し切りこめたのでは...?とおもわんでもない
あんま関係ないけど、本編はじまる前に本作の予告がかかりはじめて、え?なんか間違えました...?とおもってたらこの後公開されるアクアマン、ブラックアダム、フラッシュ、のパック予告だった
悲しいことに全部延期になってしまったんだよなあ...シャザム!の続編は早まったんだっけ?
ムーンナイトが間近で、マルチバース・オブ・マッドネスも控えている MCU とモービウスもあるので、 DC はやっぱり実写では押されて見えるよなーと改めて....

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく