ザ・スーサイドスクワッド 感想

from 20220328 #0328
ザ・スーサイドスクワッド 感想
ザ・バットマンみてそういえばスースカ見逃してたんだった...と思い出して配信でみた
デビッド・エアー版で微妙だったウィル・スミスのデッドショットとキャラが丸かぶりのイドリス・エルバ扮するブラッドスポートと、ネズミを操ることができる(アントマンかよ)ラットキャッチャー2(2代目ということらしい、ちなみにお父さんはワイティティのアニキ)、サイコ野郎のピースメーカー(このあだ名の奴にろくな奴がいない気がする)、水玉を飛ばすっていう一見弱そうなポルカドットマン、そしてキングシャークはなんと我らがスタローン閣下が声をあてている(ヴィン・ディーゼルのグルートを彷彿とさせる)、んでもって一応前作とのつながりも感じさせる大佐と、我らがマーゴット・ロビーの姉御がハーレイを続投....という、ほぼ総とっかえ感もありつつ要所は残して....という不思議なバランスのチームとして再出撃する
一応こいつらが主軸だが、かわいそうな陽動部隊にはジャベリンとか The Detachable Kid こと T.D.K. みたいな連中もいた(が、すぐ死んだ)
対するは中南米の小国と思しき軍の連中と、そこのマッドサイエンティストが幽閉していたスターロ大王
まあスースカの顔ぶれからすると軍の連中はハナから相手でもないのだが、スターロはね...
スターロはちょっと前のコミックではジャスティスリーグとチームアップしてたりってのもあるが、本作でも宇宙で漂ってたところをうっかり捕獲されてしまってそれからずっと幽閉されて実験対象になっていたわけだからある意味では犠牲者でもあるんだよなあと同情的な視点だったとおもう
ジェームズ・ガンらしいグロ全開もありつつ、ネズミっていう虐げられた存在とスースカの面々をオーバーラップさせつつ、最後には街の真の支配者たるネズミたち(スースカの面々でもあるのかも)の攻撃によって大義を為すってのがよかった
実はディズニーいじりだったりするのか?
それにしても、 DC はよほどネズミが好きなのか、ちょっと前にもドゥーム・パトロールでネズミとゴキブリのディープキスっていうイカれたシーンがあったのを思い起こした
エアー版よりは断然好きだけど、せっかくこういう能力者チームものだからもうちょっとケイパーもの感があってもよかったのでは~とちょっとおもう

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく