2020年の日本のTwitterにおける作品批評の空気感

今のネットでアニメ辛口批評なんてできたもんじゃない - シロクマの屑籠
井の中の蛙になれない問題
90年代~00年代前半の、まだウェブサイト同士がリンク集で繋がりあっていた時代には、時間をかけてネットサーフィンを進めるうちに、奇怪なアニメ批評やゲーム批評を記した素人のウェブサイト群にたどり着くことがしばしばあった。そういう辺境のウェブサイト群が、人知れず、数か月~数年にわたって狂い咲いていたりしたものだ。
しかし、現在のSNSやインターネットのアーキテクチャは、奇怪な批評が咲き続けることを許してはくれない。誰かが見つけて、ワンタップで手が届くようにリンクを貼ってしまえば、そこはもう、インターネットの辺境でも日陰でもなくなる。あっという間にシェアされ、摘み取られてしまう。

Twitterにおける映画感想がダメなものになりがちな理由 - THE★映画日記
ブログで映画感想記事をアップし続けていると「自分が行う映画感想のブランドイメージを保ってやろう」という権威主義的な見栄や欲がついつい生じてしまい、「この映画を褒めているのにこの映画を貶すとセンスが悪い人のように思われるかもしれない…」などなどの不安を感じたりしてしまうものだ。
「金銭」や「承認」、あるいは「権威」や「見栄」への欲求は、物事の感想を述べたり物事を批評したりするうえでは退けるべき天敵なのである。
心理的安全性が欠如している。それを匿名が担保する
TwitterはRT/いいねで得点がつくコミュニケーションツールなので
甘口で無批判な感想になる
読む人は大抵好意的に読むので、好意的な感想が得点を稼ぐ最適戦略
批判は損にしかならない
叩いていいと認定された作品は寄ってたかって叩く(この場合これが最適戦略だから)
関連:他人をみんなで叩くのはなぜ気持ちよいのか
フリーランスや企業アカウントはRT/フォロワー数が金銭的な利益になる


Twitter
from /motoso/2020年の日本のTwitterにおける作品批評の空気感

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく