トップガン マーヴェリック手放しに喜んでていいのか

from 20220607 #0607
トップガン マーヴェリック手放しに喜んでていいのか
007でも有色女性の007が出てくる展開があったけど、結局最後にはマッチョの白人がサクリファイスすることでチャンチャンというのがあったが、トップガンでは冒頭の説明文のところで men and women に書き換えたのは偉いし、パイロットとして女性も登場するけど、結局最後はマッチョの白人が奮闘して事態を収めるっていう結末になってるし、全体的な構造が良くも悪くも1作目をなぞっているせいで当時のマッチョ感が抜けてないとおもった
アメフトみんなでやって仲良くなるってどんな体育会系だよ(まあ軍隊は体育会系の極致なのかもしれんが)
まあもちろん観客はトム・クルーズをみにくるわけで、トムがチョイ出で他の役者が一番がんばるみたいな展開を望んでないかもしれないが、それにしても例えば Mad Max: Fury Road と比べると続編映画という意味でも、圧倒的に FR が巧みだったし、女性の描き方でもダブル主演とも言っていいフュリオサのシャーリーズ・セロンは素晴らしかったし鉄馬の女たちや逃走する女たちが最高だった
トップガンでもオマケ的にセーリングするシーンがあったりするが、本筋に絡んでくるわけでもなく
1作目のヒロインが理工系っぽい感じだったけど別に本筋にはあんまり絡んでこなかったのをアップデートしてもよかったのでは
ポリコレ野郎っておもわれるかもしれんが...

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく