第二次香り戦争

from 20221018 #1018
第二次香り戦争
第一次は、一時的かとおもっていた在宅ワークが「これは長引くぞ」と確信した時にはじまった
ずっと家にいるので、イイ匂いの中で仕事できるのでは?と
適当に精油を買っては混ぜたりなんだりして、最終的にユーカリとティーツリーをベースにあとはトップを気分に合わせて変えよ〜みたいな感じで仕上がった
夏場は湿度がヤベエので -TOKYO JUNGLE- 何も焚いてなかったが、そろそろシーズンかなと
香水のサブスクみたいなやつを認識したのだが、やっぱりこういう物理が絡むサブスクって結局実物を買うのとどっちが得なの?て話になってしまう
で、こういうサブスクでは、高級な香水は容量多くてそんなに使いきれねーYO!というところがペインポイントらしく、高級な香水を少量試せるのでよいということらしい
じゃあ高級な香水ってどんな香りなのよ?という話なんだが、こと匂いに関してはインターネットの情報が全く役に立たず、何がなんやらさっぱり分からんということで実物を嗅ぎに行くことに
デカモールで適当に物色して、結局のところユーカリが好きだということを再認識しただけだった
ヒノキやヒバが良かったので、これは精油で買おうかな、みたいな
(結局木かよ!!)
あとオッサン向けの高級な香水は「うわ!このオジサンの臭い知ってる!!!」みたいな感じになった
発見だったのは SABON の「パチュリ・ラベンダー・バニラ」てやつで、バニラってもっと甘ったるい感じの印象だったんだけど、この組み合わせがいいのかなんなのか、落ち着いた雰囲気で良し
部屋はユーカリでいいやってことでシャワーオイルを買った
泡立てる時に脳天を突く香りが湧き上がってすげかった(こなみかん)

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく