2022 ベスト・コミック

昨年に引き続いて紙の漫画雑誌を読む生活が続いている
相対的にアメコミを読む量が減った
DC は悲しい状況だけど、マーベルに関しては実写だけで相当ボリュームがあったのでわざわざ原書まで掘りに行くのが大変になってきて、去年末のホークアイ(2021)あたりが最後だった

ビームが相変わらず自分のストライクゾーンに完璧な球を投げてくれる雑誌で、毎月楽しく読んでいる
新しくはじまった連載だと SPUNK がとにかく楽しくて、ヌケがいい
あなたがわたしにくれたもので気付いたのは、自分は結構失恋モノが好きなんやなあ、という...
なんかこう、「あ、おわった」みたいな瞬間の刹那っぽい感じが好きで、この作品では「あ、この男...」って時の切れ味がすごくよくて好き
ミューズの真髄は1話のテイストからすんごい変化球になっていって、今では丸尾末広の地獄巡りかよみたいな展開になっていて消耗する(のが好き)
丸尾がアン・グラで漫画描きの話してるのとちょっとリンクを感じる
「絵を描きなさい」マジでバキバキになった

ニックとレバー、紙一重りんちゃんのおかげでギャグマンガが好きなことが判明して、妻に薦めてもらったほっとけないよ九条くんがめちゃ面白かった

< 2022 ベスト・ゲーム | 2022 ベスト・本 >

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく