2022 ベスト・本

世界にうんざりしてしまい、フィクションに「逃げた」1年だった
去年ヒトごろしを物理本で買って(京極夏彦は煉瓦で買うことにしているので)、すんごいスルスル入ってくる感覚があって、フィクションは紙で買うようになった
...のだが、家にいると他のことにかまけてしまい、あまり能動的に本を開く瞬間が少なく、通勤時間が主な読書時間だった自分には本を読む時間(とラジオを聴く時間)が激減してしまった
そんなこんなで鈴鹿に行く時に、道中ずっと Audible でいろいろ聴いててストーンサークルの殺人を途中まで聴いて、全然終わらなかったので、紙で買うか迷った
順当に考えると物理で買うが正解なんだけど、積読もたくさんあって読まへんやろうなーとおもってダメ元で電子で買ってみた
相変わらず電子だと入ってこないが、Galaxy Z Fold 3 の kindle でセットアップ全然してなかったので、設定をいろいろいじくっていた
行間とか色味とか変えてみたら、背景をベージュっぽい色にしたらすごい入ってくるようになった...
白地に黒とか、黒字に白はノンフィクションだと入ってくるんだけどフィクションは入ってこない...
あとフォントも結構大事で、明朝は入ってくるけどゴシックは入ってこない(当然ノンフィクションは逆)
えー自分に必要だったのはカラートーンの調整だったのか〜〜〜〜〜マジかよ〜〜〜〜というのが今年の発見だった
そういうわけで電子でフィクションいける人間になったのでタガが外れたように電子で買うようになった
家のお風呂にゆっくり入ると気持ちがイイという発見もあり(31歳にして)、風呂でタラタラとフィクション読むのが楽しい....みたいな
だけど、フィクションと接している時はなんかずっと現実逃避感?罪悪感?がすごいあって、なーんか別に感じなくてもいいんだろうなという自覚があるけどコントロールできね〜と
今年のいろいろな感想のページで「俺は怠惰にもこんなことに興じていてよいのだろうか...?」的なことを書きまくってきたが、自意識なのかなあ...
世界のいろいろな問題について自分はあまりにも知らなすぎるので、もっと考えるための情報を入れた方が望ましいのでは...?みたいな.....
強迫観念なのかも



< 2022 ベスト・コミック | 2022 ベスト・配信 >

関連ページとランダムに選ばれたページ

筆者について

jigsaw(ジグソウ、1991年6月12日-)は日本のプログラマ、会社代表。本名は小林貴也(こばやし たかや)。主にウェブ、フロントエンド領域で活動している。カミング・スーン合同会社の代表社員。
さらに詳しく

寄附について

面白かったらBTCETHでの寄附をお待ちしております。
寄附のきろく